どんな人生を生きていくか
カンタービレメンバーのお父様の告別式でした。
心からお悔やみ申し上げます。
大変な日々だったのですね。
お別れは悲しかったでしょうが、ご家族で悔いのない看病をして看取られたそうです。

つい先日も、私の母の葬儀があったばかり。
私たち世代は親の介護真っ只中に入っています。
並行して、自分達の健康自体も要注意年代です。

親を看取り、いよいよ自分自身の残す人生を見つめ直していく時期ともなっています。

フルタイムで教員をしていた時は毎日の忙しさに忙殺され、自分の人生なのに
自分で人生を作れるなんて思ってもみませんでした。
転職は自分の選択肢になかったに等しく、教員を辞する時は本当に勇気と決断
が要りました。

でも思い切って転職してみたら、こんな世界があったのかと思うような自由が
手に入りました。
自身で、年間や一日の時間&計画を組むことができます。
人生って、自分で選択して生きていけるんだということに気づきました。

さて、私はどんな人生を生きていこう。

もう人のせいにはできません。
その人その人によって希望は違うと思うけど、幸せと思える=心が満たされた
生き方ができた人が人生の成功者だと思います。

私は自分のペースで音楽を楽しんでいけたら幸せ。

特に音楽教室を続けられる幸せは大きいです。
好きな音楽とやり甲斐、生活リズムも作れて、私にとっての生き甲斐です。
そして気の合った人たちと、時々音楽を楽しみながら生きていけたら最高です♪

もちろん世の中の平和と、家族の幸せも同等に~ (*^_^*)ノノ
[PR]
by sato_ongaku | 2011-07-07 00:28 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
<< 歌声piu♪ 弾くほどに楽しくなるピアノ♪ >>