生徒ちゃんとのバトル!
丁々発止とバトルをしてしまいました。ヽ(≧▽≦ι)∫"

生徒ちゃんは涙をこぼして、「ピアノもうやめたい!」

うわ\(°o°;)/

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
低学年まではなかなか伸びず、この1~2年一足飛びに上がってきて現在ブルグ
ミュラー。もう他の子たちと遜色ありません。
本人は随分がんばったと思います。

ところがこのところ、また練習低迷。

こちらがレッスンを進めたいと思っても、練習不足なので本能的に避けたいのか
のらりくらりとお喋りなどして時間稼ぎをしている感じです。
5分や10分すぐ経ってしまいます。

特に不得手なのが手のフォーム。
指が反り返ったようなフォームは到底修正が無理なんじゃないかと思うほどでしたが、
それでも少しずつ努力が顕れてきています。

教材は以前ある程度弾けていたこともあるのですが、全然弾いていないということで片手
の復習から始め(前回と全く変わらず)、併せて手のフォームについても指導しました。
突っ張って弾く指は、やはりその都度指導しない訳にはいきません。^^;
が、家で弾いていないので読譜だけでもテンパっていて、手のフォームまで指導されると
本人にとってはかなりの苦痛らしく随分追い込んでしまったようです。

残り時間いっぱい視唱練習したいというので気持ちを汲んで受け入れましたが、
“速く”歌うことに拘ってなかなか上手くいきません。
何度も同じところを間違え、自分でやり直しています。

音感のある子なので、なおのこと音やリズムが取れない自分に苛立ちを高めています。
音楽センスを褒めたりすると、却って「褒めないで!」と怒ります。
手拍子を取ることやピアノで補助してあげようとすると、“初見”に拘って拒否します。
なかなかその意地は見所もありますが・・・!^^;

で、ついに涙ポロっとなってしまい、冒頭の「やめたい!」の言葉が出てきてしまった
ようです。

「速いより正確に歌える方が大切。初見に挑戦するのもよいけど、上手くいかな
かったらピアノと一緒に練習するのもいいんだよ。急がば回れ。自信がつけば
次からの曲にも調子が出るよ。」と伝えました。

涙ながらにも徐々に話を聞き入れてくれ、ピアノで音を確認したり丁寧にリズムを
取ったりして頑張り続け、3曲合格しました。

次の人が来たので しぶしぶ終了。なんと「24時間ずっとやっていたい!」と。
レッスン室を出る時は随分落ち着き、穏やかに「さようなら」と言って帰ってくれました。

その負けじ魂があれば伸びるよ! がんばれ♪♪
[PR]
by sato_ongaku | 2012-01-15 22:13 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 6時間授業 第10回Xmas音楽会♪の写真 >>