選曲開始
いよいよ今年の第10回発表会の選曲が始まりました。

選曲って難しいですね。
結果として素晴らしい出来であっても、本人にとって無理があれば
必ず後でしわ寄せが来ますし。
でも本人が選ぶ時は、「できるだけ難しそう」とか「長い曲」って希望が多く・・・^^;

これまでの経験をよくよく思い返してみると、あまり背伸びせず身の丈以内の曲を
弾いているくらいの子の方が、結局は自然に長くピアノを続けてくれているような
気がします。

と言うことで <今年の方針>
まずは、例年通り本人が弾きたいと思う曲が第一♪
たとえ少しくらい大変でも、好きな曲ならいつも以上にエネルギーが出て頑張れ
ちゃいますからね。

と言って本人の希望であっても、あまり無理した選曲は避けたいと思います。
                     ↑
               今年は、この想いに重きを置いています。

前述した「難しそう」とか「長い曲」とか上辺ばかりにとらわれて選曲すると、
ホント取り組みで痛い目に遭います。
努力できる子はよいけど、「苦しい、辛い」ばかりが続く子もいます。

取り組んでいる時、終わった時、終わってしばらく経った時、本人がピアノを弾く喜び
を持ち続けられる曲を生徒と一緒に探していきたいと思います。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-02 22:12 | ♪発表会 | Comments(4)
Commented by klavier_noten at 2012-03-05 10:44
10回目というのは10年ということかしら?
>ピアノを弾く喜びを持ち続けられる曲
これは大事ですよね。
いつも新しい曲の譜読みばかりでなく
〝レパートリー〟を作るってことは。
Commented by piu♪ at 2012-03-05 20:09 x
klavier_notenさん
そうなんです。10年って思いのほか早かったです!
klavier_notenさんとも出会って10年ということですね。
これからもよろしくお願いします♡m(_ _)m

レパートリーがあるだけ、音楽の楽しみも増しますね♪
Commented by klavier_noten at 2012-03-10 10:03
お~そうなんですか!美妙読みました。きよ
Commented by piu♪ at 2012-03-12 01:13 x
きよさん
はい、そうなんですよ。
ビックリでしょ!!(≧▽≦;)/
<< この教室と共に10年の生徒さん♪ 音楽を生涯の友に >>