やっぱりお姉ちゃんの妹ちゃんね♪
お姉ちゃんは教室歌の歌詞を作詞してくれたMちゃん。
Mちゃんはピアノのセンスがとてもよかったです。

入れ替りくらいに年の離れた妹Hちゃん(現在小1)が入会しました。
そのHちゃんのこの半年ほどの伸びが素晴らしいです♪

入会した頃は気持ちは一生懸命なんだけど、手が硬く固まっていて
指が鍵盤から離れず思うようにコントロールができない様子でした。
お母さんも「お姉ちゃんと同じようにはできないかも。」と仰っていたような。

でも、やはり素直が一番ですね!
こちらの指導に応えようと、懸命に腕を上げ下げして練習して来ました。
大抵の子はこの時点で辛そうに第一の山場を迎えます。
が、Hちゃんのがんばりは本物でした。

今回発表会曲として相応の曲を与えたつもりでしたが、お姉ちゃんやお母さんの
支えもあってかアッという間に弾けるようになって来て、難易度を上げてすぐに
曲目を変更しました。
その2曲目も順調に弾けるようになりました。

連弾の選曲の時、Hちゃん「難しいのが弾きたい。」と。
口だけ難しい曲に憧れて努力できない子もいるけれど、Hちゃんはお友達と
仲良く選曲し、難しい方のパートを担当することになりました。
そして言った通りにちゃんと練習して弾けるようになって来ました。

すごい!! ちゃんと言ったことを実践して来るなんて。
大人だって難しいよ。
Hちゃんのこれからが楽しみです♪
やっぱりMちゃんの妹ちゃんね♪(≧▽≦)/
[PR]
by sato_ongaku | 2012-06-27 23:47 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 幼馴染みのピアノ講師友とのランチ♪ え、息子の先輩?! >>