教員早期退職問題/自治体の扱いに大きな差
1月29日 東京新聞より

「駆け込み」はむしろ行政側
きっかけは官民の格差是正を目的に、今月から始まった国家公務員の退職金削減。
昨年11月の法改正後、総務省は全国の自治体にも条例改正による引き下げを求めた。
だが実施時期の明確化はせず、各自治体でばらつきが出た。
対象は一般職員、教職員、警察官だが、入試や卒業式にぶつかる教員の退職が注目
された。
埼玉県は昨年12月の県議会で、今年2月から減額する条例案を〝駆け込み〟で可決。
このため、定年退職予定者1290人のうち、108人が今月末の退職を希望した。
和歌山、鹿児島、長崎の各県教委は4月以降の実施を検討。
佐賀県教委は早期退職者の大半を臨時任用制度で再雇用した。

                              <クリックで記事拡大できます>
f0057152_13311352.jpg
=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =

自治体の判断によって、ばらつきどころか天国と地獄の差が出ている条例改正。
同じ日本の教員の扱いに、こうまで違いが出たことは問題ではないでしょうか?!

現場に混乱なく正規&臨時の再雇用で指導を続けられる教員と、その道をシャットアウト
され針のムシロにされている教員。
当該教員にとって到底受け入れられない、罪なことと思います。

和歌山、鹿児島、長崎のように、4月まで退職金削減を待って混乱を回避している県が
あります。
佐賀県教委の早期退職者の大半を臨時任用制度で再雇用したことも、①条例改正の
実行及び②退職教員の尊重かつ③学校現場の混乱を回避した、ことに大きく支持したい
と思います。それでも2、3月の給料は条例前の正規で勤めるよりは下がるでしょう。

こうした配慮の自治体がある一方、埼玉県は教職員組合が「4月以降の実施や臨時職員
での再雇用」などを提案したが、交渉を打ち切られたとのこと。

「子どもへの影響を考えていないのは行政側」
 との憤りは当然と思いますし、同意します!!

◆『大臣や知事は職務上の責任を果たせと「聖職」論ばかり。』 

 教員は学級担任や入試・卒業式前の1月で辞めることはできないだろうと、駆け込みで
 条例可決したとも見て取れます。 教員として職責を果たせと求められるばかりで、
 教職の特殊性や教員の人権が配慮されていません。
 「いうことを聞かない者は罰として〝そしり〟を受けろ。 臨時の再雇用もしない。」では、
 (生徒のために退職後も継続して指導にあたりたい)と考えていた教員も、門戸は
 閉ざされ、世論の風当たりにいたたまれず学校には戻れないと思います。

 行政は生徒のために、一番の方策を臨機応変に取るべきではないでしょうか!
 生徒にとって終わり2ヶ月間で新しい先生に変わるより、今までの先生に継続指導して
 もらえる方が絶対よいに決まっています。
 指導の引継ぎ不要で、現場の混乱も避けられます。
 突然の条例対応なのですから、臨機応変に「臨時雇用は59歳まで」等の枠をはずし、
 遅きに失してはいますが、佐賀県のように臨時任用制度で再雇用する修正案は
 出せませんでしたか?!

◆『お金の問題ばかりでなく、38年間必死に勤めて、最後の最後で人間扱いされない
 ことを知り、抗議の意味であえて早期退職を選んだ人たちもかなりいる。』

 早期退職教員の4月以降の再任用に対しても、またまた割り切れない制度で
 門前払いの扱いとならないか危惧、注視していきたいと思います。
 各自治体の差がこれ以上広がらず、教員を傷つけない制度であって欲しいと切に
 願います。

記事最後の早稲田大の稲継裕昭教授(行政学)の言葉に納得しました。
◎公務員も給与生活者という点では変わりない。制度設計の欠陥を個人の責任にする
  のはおかしい。
◎民間企業でいえば早期退職の優遇制度を設けておいて、使うなと禁止しているような
  もの。公務員を特別扱いしないようにする制度改正で、公務員だからといって聖職扱い
  して『職責』を求めることは矛盾していないか。


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =
<2/4追記>
友人からちょっとホッとできた情報が入りました。

そのままでは学校運営が回らないから、実際にはほとんどの退職教員は立ち場を変えて
継続指導しているとのこと。

そうですか・・・・そうせざるを得ないと思うし、そうなら良かったです。

最初からそのように認めてもらえれば一番よかったと思いますが、現場の教員じゃないと
判断出来ないことだったのでしょうか?!
とにかく今回のことで、傷ついた教員が一人でも少ない(いない!)ことを祈ります。
[PR]
by sato_ongaku | 2013-01-29 23:33 | ♯教育 | Comments(2)
Commented by klavier_noten at 2013-01-30 14:59
上田さんてこんな人
http://ja.wikipedia.org/wiki/上田清司
ーきよ
Commented by piu♪ at 2013-01-31 08:26 x
きよさん 情報ありがとう。
上田知事には、教育現場を混乱させた責任をどう取ってもらえるのかと思います。
退職教員へのそしり発言に対して、少しでも反省の気持ちが生じているか?!
せめて今からでも、佐賀のように早期退職者の臨時職員での再雇用策を講じて
ほしいと思います。無策で人を非難しているだけでは困ります。
自ら自分の給料や退職金を差し出して、お手本を示せるのでしょうか?!
<< 発表会申込み 埼玉教員110人駆け込み退職 >>