音楽が流れるために♪
Mちゃん(小6)は発表会の取り組みペースが、中学年くらいまではいつもぎりぎり
ペースだったのだけど、この1~2年余裕を持った取り組みに目覚め始めています。

今年は初めてのショパン。
上記ペースは守られていて、両手練習にも入り頑張っています。

でも両手を合わせるのに目一杯という感じで、1フレーズ進むのも大変で
延々と時間が掛かりそうです。

途中で右手の部分だけ、確認のために弾いてもらいました。
そしたら、このところ両手合わせばかりしていたのか、右手のメロディだけでも!
危うくおぼつかなくなっています。
両手ならなおさらのこと、流れるように弾けるわけがありません。

「両手練習だけでなく、何度でも片手練習に戻って練習してね。」と伝えました。
Mちゃんは「右手でも弾いた方がいいんですか?」と、ちょっとだけ驚いたような
顔をして聞きました。
こちらも(え、知らなかったの?!)と逆にびっくりしつつも、
「そう。 両手だけでなく、右手でも流れるように弾けるようになるまで何回も練習してね。」
と返答したら、素直に頷いてくれました。

もしかしたら、右手左手の片手練習から両手練習に入ったら、もう片手練習は
必要ないと思っている生徒は多いのかなぁ?!

こちらが当然と思い込んでいることも、生徒たちは忘れてしまったり分からないまま
来ていることも数限りなくあることでしょう。
やはり、その都度言ってあげなければならないですね!!

改めて意識して生徒にアプローチしていかなければ、と思い直した1件でした。
[PR]
by sato_ongaku | 2013-06-12 22:54 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 第31回泉の会コンサート♪ オペレッタ練習6回目♪ >>