真央ちゃんにもらい泣き
ソチ冬季五輪が閉幕しました。

期待されていた女子フィギュアスケートのメダル。
特に浅田真央にはバンクーバーでの雪辱も期待して、金メダルを取らせて
あげたいと願う想いが日本中に溢れていた気がします。

その重圧からか、ショートプログラムの思いもよらぬ16位からのフリー演技でした。
銀盤に立ち、本当に本人にしか量りえない不安な想いがあったと思います。

いよいよ始まり、浅田真央にしか出来ないトリプルアクセルが見事に成功しました!
高難度のプログラム。
女子初ということですが、6種類全て&計8回のトリプルジャンプを鮮やかに
決めていきました。
私は真央ちゃんの連続ジャンプも〝軽やかさ〟が世界一と思います!
滑走順で点数の出具合が不利だったと思うけど、欲目でなく内容は断然一位
だったのではないかと思っているのですが。

演技終了後の真央ちゃんの感極まった表情に、私もポロポロもらい泣きを
してしまいました。
メダルがないのに、こんなに爽やかで価値のある感動は滅多にあるものでは
ないと思います!

真央ちゃん、本当にお疲れさま。そしてありがとう♡

オリンピック後半になって、
ジャンプ男子団体・・・銅。
スノーボード女子パラレル大回転で竹内智香・・・銀。
フリースタイルスキー女子ハーフパイプの小野塚彩那・・・銅。

男子のメダルに続き、終盤になって2人の女子選手がメダルを取ってくれました。

オリンピック出場するような人は、どの人も専門の競技力はもとより、たとえ怪我を
しても乗り越えてきている並大抵でない我慢強さや努力が凄いです!
私など手足の指1本軽く怪我しただけでも、痛みが気になって競技どころではない
と思います。
そして言葉が喋れなくとも積極的に海外へ出掛けて貪欲に修行するような積極性に、
さすがに皆ただ者じゃないな!と思わせられました。
[PR]
by sato_ongaku | 2014-02-23 23:08 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
<< 新年間レッスン表 ソチ冬のオリンピック >>