ミニオペレッタ「人魚姫」初回練習
教室発表会で「ヘンゼルとグレーテル」の発表を終え、いよいよ次回作「人魚姫」の本格的な練習が始まりました。

いつものメンバーが、埼玉草加市からやって来てくれました。
体調不良だった人も1時間遅れで来てくれ、全員で取り組むことができました。

それが、やってみてビックリ!!
今までで一番音取りが苦労しそうな演目であるにもかかわらず、とりあえずですが出入りや立ち位置の確認、さらには歌・セリフまで通しての録音ができました。
やはり経験・積み重ねというのは大きいですね!
これまでだったら数ヶ月要するような取り組み内容で、
たとえ不十分な出来であっても録音できていると、日頃のイメージ練習に繰り返し大いに役立てることができます。

実際の形にするのは、まだまだ自分の役のイメージも掴めておらず苦闘の連続だと思いますが、それでも今後に続く勢いあるスタートが切れました。

次回練習が、今から大いに楽しみです♪

[PR]
by sato_ongaku | 2015-09-21 23:39 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(0)
<< 蝶々夫人 声楽教員によるコンサート >>