やらないぞモード全開
3人兄妹の真ん中君、この数年レッスンに来るたび「やらないぞモード」全開です。家での練習も全くしません。
下の妹ちゃんはそれほどまでではないけれど、つられて?ふざけています!

ただ2人共、レッスン始めは無駄にペチャクチャ時間延ばししたりしていますが、一旦ピアノのイスに座れば結構集中して弾くことができ、なんと発表会もこの取り組みだけでステージに立ってしまいました!
(妹ちゃんの方は家で練習していたそうですが。)
目覚めてくれさえすれば、音楽センスはそう悪くないんだけどなぁ…。

救いなのは長男君が小学高学年から中学生にかけて落ち着き、一気に伸び、発表会ステージでの演奏や学校の伴奏者として模範になってくれていること。
上の子が好きに自在にピアノを弾いている姿を見せてくれているので、せめてもの声掛けにお兄ちゃんをお手本に励ませるのでよかった!と思っています。

大人側(親と講師)は連絡を密にしながら、下の2人の子に対応しています。

ポイント:決してあちら(やらないぞモード全開側)と同じ土俵に上がらない。振り回されない。(笑)

たとえ相手からの仕草や目から〝やらないぞビーム〟を察知しても、「継続こそ力」と心得、あえて気づかない振りをしてレッスンを続けることに努めています。
敵(≧▽≦;)が張り合いをなくすくらい、ビームを上手にかわせたらよいのですが。
内心こちらも業を煮やしてしまいそうになる時もあるけれど、気づきを促しつつ待ちます。
相手が子どもとは言え、根負けしないためには結構エネルギーが要ります!
根比べ…忍耐…(><;)/

お母さんも実際にお兄ちゃんの成長&上達が〝この数年のこと〟で、決して初めから楽して出来たわけではないことを見てきているので、一緒に気長に見守ってくださっています。
内心は、やはり気が気ではないでしょうが。^^;

そして、今日の振替レッスンでは。
教材が順調に進み、少し自分に自信が持てるようなレッスンが出来たと思います。
「こどものXmas音楽会」へ向けての選曲も、見当をつけることができました。

終了後の表情が今までよりも笑顔で明るかったのを見て、これからのレッスン展開に少し期待が持てそうな感触を持ったのですが、私の想い込みばかり?!(≧▽≦)ノノ

[PR]
by sato_ongaku | 2015-10-11 22:07 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 泉の会サロン音楽会♪ 音楽の喜びを手に入れるために >>