保証人の親密感♪
高校を合格したばかりのK君のレッスン終了時、お母さんがレッスン室に入っていらっしゃいました。

私「合格おめでとうございます!!」
お母さん「ありがとうございます。実は先生にお願いしたいことがあるのですが。」
私「??」
お母さん「先生に、息子の高校の保証人になっていただけないでしょうか?」

伺うと、学生誓約書(学生が勉学に励むという宣言書)に保証人欄の署名と押印が必要とのこと。
けれど県内在住者というのが条件で、実家や親戚の人はみな県外に住まわれているそうなのです。

私は一も二もなく、快諾させていただきました。

K君が熱意をもって進学する気持ちを知っていたし、きっと有意義に高校生活を送ってくれると信じているからです。

私「喜んで! きっとK君なら高校で頑張ってくれるでしょう。
 それに私たち、もう十年以上の長いお付き合いになりますものね。」
K君「はい。親戚の人たちとは多くても半年や1年ごとにしか会えないけど、先生とは毎週会っています。」

このK君の、幼い頃から十年以上も「毎週会ってる」の言葉に、3人で大爆笑!!(≧▽≦)ノノ

本当にそうですね!

保証人にお声掛けいただき、こちらこそ思いのほか長きに渡って密度の濃いお付き合いをさせてもらっていることに思い至りました。

そしてご家族にとって、この音楽教室が親戚に準じるほどの関係になれていることが本当にありがたいです。

今までより、さらに親近感をもってK君を見守らせてくださいね!


[PR]
by sato_ongaku | 2016-03-22 23:51 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 胸いっぱいの合宿♪ 幼稚園採用試験合格♪ >>