2度目の伴奏合わせ♪
先週の伴奏合わせから、もう1週間経ってしまいました。
その間大してできなかったですが、
発声だけは寝ても覚めても・・・と言う感じで、
いつもハミングしたり口ずさんだりしています。

プログラムは、「子ねこの病気」(フィンランド民謡)
「かやの木山」(北原白秋作詞、山田耕筰作曲)←「からたちの花」から変えました。
オペラ『ドン・ジォヴァンニ』よりツェルリーナのアリア「打て打てマゼット」(モーツァルト作曲)

とりあえず3曲暗譜して合わせることができ、テープに続けて録音してみました。
途中頓挫も覚悟して始めた取り組み。
危ういながらなんとか当日まで持っていけそうね、とは伴奏者との会話。(笑)
実は歌のステージ発表は18年?ぶりで、オペラのアリアとなると何十年ぶり!
この固くなった頭で暗譜できるか、実のところと~っても不安だったのだけど、
ナントか第一関門を通過でき、ふう・・・
とは言っても発声も表現もまだまだ硬く、
これからの歌い込みや精進でどこまでいけるか・・・です。

高音のB♭は意外と出易いのですが、どうも歌声の響きに納得できず、
伴奏者が帰ってからもああでもないこうでもない、と一人研究。
少し分かったような、そう簡単にはいかないような・・・ (^_^.)ゞ
逃げたいけど、今回はエイっとがんばってみますー♪
[PR]
by sato_ongaku | 2006-06-15 18:09 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(2)
Commented by kokoniikimasita at 2006-06-15 18:40
>かやの木山、いいですね♪
Commented by サトウ at 2006-06-16 10:31 x
はい、「かやの木山」の方が発声しやすくて。^^
「からたちの花」は、やはりそのうち是非歌いたいです♪
<< 一番頑張らなくてはいけない時期 母の会研修旅行下見 >>