第34回泉の会コンサート
6/19(日) 13:30開演
草加市立中央公民館ホール
                             <プログラム>
f0057152_01430557.jpg
f0057152_01440634.jpg

午前中のリハーサルは通すどころか、ほんのつかの間の時間しかありませんでした。
今回は最後までやりきれるのか、本当にぎりぎりまで追い詰められた気持ちできつかったです。

もう覚悟を決めて、エイヤー!と本番を迎えました。
ピアノや声楽の演奏が、次々に華やかに行われてゆきました。

プログラム最後にミニオペレッタ。
練習ではずっと台詞や歌を覚えるのに必死で、どこか物語に入りきれないまま来てしまったという思いから、私はできる限り人魚姫になったつもりで臨みました。

始まってみたら自然に台詞や歌がついて出て、あっという間に終わっていました。
あんなに長いと思っていたミニオペレッタ「人魚姫」が本当に短く感じ、夢のようです。

今回は息子もミニオペレッタの合唱応援に出演したのをきっかけに、演奏後の挨拶のところで初めて制作者として登壇しお辞儀の場を設けていただきました。

演奏後のアンケートでは、ミニオペレッタを喜んでくださった人もたくさんいたようで(やってよかった)と思えました。

今は無事に上演できたことに心から安堵し、緊張感から解き放たれました。
道のりが険しかった分、満たされた思いを存分に味わっています。

[PR]
by sato_ongaku | 2016-06-19 23:13 | ♭演奏会・観劇 | Comments(0)
<< 第8回カンタービレコンサートのご案内 コンサート2日前練習 >>