小さな子の発表会選曲の難しさ
今回の発表会は、小さな兄弟姉妹の参加の比率が多くなりました。

当然、入会してからの日が浅く、弾けそうな曲は限られています。
それでも、できる限り楽しく聴き映えするような選曲をどの子にもしてあげたいと、こちらもつい欲をかいて追い詰められています。
独奏だけでなく連弾もとなると、こちらの精選したこだわりの曲数にも限りがあり、うまく分配できるかぎりぎりのところです。

めでたく6月には、それぞれによい選曲ができたと無事に練習のスタートが切れました。
どれくらい弾けるようになるかが、まだ未知数なのですが。

ここに来て順調な子と、一部乗り上げそうな子と出てきました。
小さな子は自分ができそうだと分かると頑張りますが、ちょっと難しそうだと思うと弾かずに逃げてしまうことがあることに気づきました。
初めての体験なので、不安なのでしょうね。

弾きたがらない場合は選曲を変えた方がよいのか様子を見ながら、初めての発表会体験が楽しかったと思えるものになるよう、もう少しこちらも悩みつつ小さい子に向き合っていきたいと思います。

[PR]
by sato_ongaku | 2017-06-16 23:38 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
<< 発表会ミュージカル練習 ミニオペレッタの取り組み >>