開校記念式典 & 宮川秀之氏講演会
今日は息子の高校の開校記念式典でした。
式典30分
その後、
高校OBイタリア在住の宮川秀之氏の講演会がありました。

<宮川秀之氏プロフィール>
群馬県出身 1937年生まれ 早大中退
M高時代は野球部のエース。1年先輩に中・元中日監督、
2年後輩に巨人の元投手で8時半の男・宮田がいる。
カーデザインの巨人ジウジアーロと、世界一流のカーデザイン会社「イタルデザイン」を創設。
宮川氏はプランナーとして、日伊の自動車業界の橋渡しをした。

(以下、講演会と資料から)

早大文学部2年の時、友人と世界一周の旅に出かけた。
(スポンサーをつけてオートバイを借りて・・・なんて、かの小沢征爾のよう。)
イタリアに行った時、運命のマリーザと出会った。
マリーザの来日を縁に、広島に日伊協会が生まれた。

結婚。イタリア在住。
マリーザの結婚条件、「自分達の子どもが大きくなったら、世界の孤児を引き取って育てたい」
『開かれた家庭』を実践。
3男1女のほかに、インド人(孤児院から引き取り、右腕の骨がなかった)、韓国人、イタリア人と3人の養子。
それにホームステイのアメリカ人。
宮川家は肌の色も言葉も、国際色豊か。
アフリカ・ザンビアの難民(ハンセン病の親)の子4人の親代わりにもなっている。
どの子にも平等の愛を注ぎ、まさにマリーザは「愛を爆発させた」と言っている。

社会福祉活動にも心を砕き、
結婚後の悩みや親子問題の相談に応じるセンターの会長もしている。
フィレンツェ近くに農園を開設。
『今、物質文明に毒され、心のゆとりがない。
力を合わせてワインを作ったり、無農薬野菜を栽培する。
地元の人と養子や老人問題も話し合う。』
引きこもりの子も受け入れ、日本の子も何人か留学し、それぞれの生き方を見つけた。
愛する亡きマリーザの意思を引き継ぎ、無農薬で育てたワインは苦労が実り、世界一流と認められ表彰された。
でもここでは終わらない。
今、宮川氏はこの農園への刑務所服役囚人受け入れを目指し、各方面に働きかけ、実施実現に向けて動き出している。

なんという深い人間愛!

宮川氏は、どの会社の社長にもならない。
新しい事業を興しては、それが軌道に乗ると身を引く。
「もうけた金は、孤児の養育や福祉活動などに使い、社会還元しています。
金がたまると、ろくな事しませんからネ。」

紹介だけで終わってしまいました。
一つ一つに深い感銘を受け、「そのまま伝えることが一番」が私の感想です。
[PR]
by sato_ongaku | 2005-10-14 12:06 | ♯息子/高校・大学受験 | Comments(0)
<< 結婚記念日 友と音楽の楽しみ♪ >>