レッスンで2つの嬉しいこと♪
今日の最終レッスンで、小5男子生徒から
『6年生を送る会』の伴奏者に選ばれたと報告がありました。
その子が伴奏オーディションに向けて、
熱心にひたむきに努力(お正月も)している姿を見ていたので、
(本当に報われて良かったなぁ!)と、心から嬉しく思いました。
と同時に、私も今日一日の疲れがいっぺんに飛んだように感じました。

教室4年目にして、少しずつ伴奏者に選ばれる生徒が出てきました。
今年度は、市内音楽会出場(毎年4学年が学校代表)の伴奏オーディションを受けて
選ばれて演奏した女子に続いて2人目。
それぞれ1~2年生からピアノを始めた子たちです。
この得がたい伴奏体験を楽しんでもらえたら素晴らしいし、
つくづく実力以上の付加力もつくなぁと思います♪

今日のレッスンで、実はもう1つ嬉しいことがありました。
大人の女性の生徒さんから、結婚の招待状をいただきました。
本当におめでとうございます。
末長くお幸せに♡
幸せを分けていただき、ありがとうございます。(*^_^*)
[PR]
by sato_ongaku | 2006-01-18 13:14 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(2)
Commented by アロハ☆(^^*)/ at 2006-02-09 21:42 x
さとうさん!こんにちは。。
生徒さん伴奏に選ばれてヨカッタですね(*^^*)

しかし。。思えば大変な時代になったのでしょうか?
私の頃は習っている子も少なかったしオーディション等は全くなくて、先生が選んでいました。。或いは皆で誰がいいか多数決みたいな方法でした。。
嫌でも大体いつも伴奏等をさせられる。。。
という子供時代でした。考えようによっては無い物ねだりで、贅沢な思いだったでしょうか?オーディションなんて私だったらとても受けられなかったと思います。時代的に自分に取ってはラクチンに何でもやる事の出来た時代だったから 今の私がある。。のでしょうか?内弁慶の私が今の時代だったらとても自分から率先して何かやるなんて事は考えられません。。
今の子供はアクティブさを要求される時代。。なんでしょうか?
ず〜っと前に生まれてしまって良かった〜(^_^;)

ではでは。。。アロハ(^^*)/
Commented by sato_ongaku at 2006-02-10 11:00
アロハさん、ありがとう♪
頑張ってオーディションを受けていたので、選ばれて良かったです☆

それにしても習っている子がいっぱいいるのといないのと・・・
バランスが丁度良いというのは、なかなか難しいですね。
私の経験でも、アロハさんのように限られた子しか弾ける子がいなくて
一部の生徒にかなり負担を掛けてしまった学校もあったし、
逆にうちの学区の学校のように弾ける子が多くて
全員の伴奏希望に応えてあげることができない時もありました。
ちなみにうちの息子は、アロハさんじゃないけど、
ついに一度も立候補しないままに義務教育が終わりました。(^_^;)
教室の生徒で希望する子にはぜひ伴奏の経験もさせてあげたいけど、
中には先生が伴奏するのでチャンスを得られない学校もあって
ちょっと残念でかわいそう。
いろいろありますね。仕方ないですけどね。^^
<< 村治佳織:ギター・リサイタル 卒業祝賀会予約 >>