ピアノの本を大切そうに抱えて♪
Wちゃん(3歳)は親子音楽のコース。
お母さんと先生とお歌を歌ったり、鑑賞をしたりしています。
お母さんが「何歌いたい?」と聞くと、次々に何曲もお歌のリクエストができて
いつも感心しています☆

最近ピアノへの移行を始めたWちゃん、今日は来た時からピアノの本を出して
抱えています。^^

まだお指はしっかりしていなくてなかなか思うようになりませんが、
お指の歌をいつもお母さんとおうちで歌いながら練習してきてくれて、
今回はついに薬指までスムーズにテーブルにタッチできるようになっていて
感心しました。(☆。☆)/
根気よくお子さんに働きかけ続けていらっしゃるお母様の想いに打たれています。

今日のピアノは、前回の内容を短い時間復習しただけで集中力は長く続かず
お歌に戻りましたが、それでもピアノの本はずっと抱えたままでした♪(≧▽≦)ノノ

けなげなWちゃん、い~っぱいピアノを楽しんでいきましょうね♪
[PR]
by sato_ongaku | 2008-09-06 23:49 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(2)
Commented by yuki at 2008-09-09 16:31 x
きっと大事な大事なピアノの本だったんでしょうねぇ(^▽^*)
小さい子って集中力はなかなか続きませんが、
好きなモノへの真摯さは本当に見習いたいです。
Commented by サトウ at 2008-09-09 23:55 x
yukiさん
ふふ、Wちゃんは新しい自分の“ピアノの本”がよほど嬉しいようです♪
微笑ましいです。^^
>小さい子>好きなモノへの真摯さ
ほんとうね!大人もその気持ちを失わずにいきたいですね。
<< 3人目の“まい”ちゃん 学齢期☆ >>