カテゴリ:♯母の看病~看取り( 20 )
彼岸と定休日
台風一過のなんとも気持ちのよい秋空です。

昨日はレッスン時間j帯の風雨が少し荒れましたが、
それでも比較的夜早めに静かになった気がします。

今日はレッスン定休日。

お彼岸はいつ誰が来てくれるか分からないので、
穏やかに人待ちしながら過ごしています。

教室便りでも作りましょうか。
そうだ、発表会写真の焼増ししなくっちゃ!

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 
午後になったら、雨が降ってきてビックリ。

明日こそは秋晴れのようです。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-09-22 11:09 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
彼岸と台風
母の初彼岸です。
彼岸入りまでの準備が忙しかったですが、母を偲んで過ごしたいと思います。
このお彼岸を終え、私もやっと何か特別な事のない普通の日々に戻れるのかな
と思っています。

現在、大型台風15号が迫っています。
これまでに全国に大きな被害をもたらしています。

これから関東地方に上陸予定とのこと。
海沿い付近の県の緊急警戒が次々に報じられています。
内陸群馬県の上空も暗く、風雨が強まりつつあります。

そんな訳で生徒安全のためレッスンを休講にし、後日振替との連絡をしました。

なんとか無事に過ぎてくれればよいですが・・・
[PR]
by sato_ongaku | 2011-09-21 14:42 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母の五十日祭
少しずつ母の物の後片付けと、3月分の振替レッスンを行いながら
4月が過ぎました。

そのままゴールデンウィーク。
最終日の今日は、母の五十日祭でした。

葬儀から今日までは、本当にあっという間の日々でした。

五十日祭で、母が亡くなる前に創った句(自己流ですが)を、皆さんの
前で読み上げさせてもらいました。
母は月1回4時間ほどの町内のミニデイサービスに参加させてもらって
いましたが、最後の数ヶ月は参加できなかったものの民生委員さんに
託して参加者の皆さんの前で読んでいただいたものです。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
◎生まれ月 刺激あっての ボケ防止
(意味)
いつも一人でボーっとしているよりも、会場に来て誕生会、また
芸達者な方々が見えて、歌ったり踊ったりして呉れる。

◎ボロボロの 身体(からだ)支えて 役立たず
(意味)
皆さんにやっかいになっても、自分の身体を守るのが精一杯で
何一つ役に立つことができない。

◎今日もまた 楽しみながら 足運ぶ
(意味)
今日もまた どんな腹の底から笑えるような面白い事があるだろうと
会場へ来る。

◎健康に 定年なくて 前向きに
(意味)
過去の嫌だった事などは忘れて、明るく一年もよけいに生きたいと思う。

※意味も母が書き添えたものです。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-08 20:43 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母が亡くなりました
今日26日は、母の告別式でした。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 
22日までに母はほとんど食べられなくなっていました。
23日、病み上がりの私は息子と一緒にお昼の食事介助に行きました。

おばあちゃんは孫からの一匙ごとの食べ物を、小鳥のように口を開けて食べていました。
お水が飲みたいとお水を飲み、飲みにくい薬もちゃんと全部飲みました。

(あぁ、これならまた良くなってくれる!)と心底思いました。
息子の大学が閉鎖になっているので、しばらくは毎日一緒に来れるよ。
朝はシャワーも浴びさせてもらってよかったね。

それなのに・・・夕方から急変してしまうなんて!

このところ食べると寝てしまっていたのに、この日に限り一度も眠ることはありません
でした。
呼吸が苦しそうなので「苦しい?」と何度聞いても、苦しくないと首を横に振りました。

急な知らせに、親戚の人たちが皆お見舞いに駆けつけて来てくれました。
「誰がいるよ」と言うとこっくりし、みな判るようでした。
でもまだ大丈夫だろうと帰って行きました。

しかし翌24日午前1時前、私たちと兄一家の両家族が見守る中、少しずつ数値が
落ちていき、静かに息を引き取りました。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  
この数日のことが、今でも信じられません。
母はずっと変わらずに私の心に生きてくれています。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-03-26 21:29 | ♯母の看病の日々 | Comments(5)
母の一時帰宅
いよいよ大晦日。
母が家族と一緒に紅白を見て過ごしたいと外泊願いを申し出、
願い叶い午後から1泊で帰って来ました。

予定通り家族団らんで年越しそばを食べ、紅白を見ています。

今年もあと2時間ほどで終わり。

ネットの皆様、大変お世話になりました。
よい年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-12-31 22:08 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母入院
母が退院後1ヶ月足らずで、また入院となりました。
この1年間で5度目です。

良くも悪くも入院準備の手際がよくなり、本人も家族も大分心得ができてきました。
体調を戻してもらうのが第一。
腹をくくり、時間はいくら掛かっても気にせず治療してもらい、また元気になって帰ろうね。 
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-22 22:41 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母の茶飲み友だち
退院後25日目。
母がいつものお友だち2人と、離れの音楽館で、昼食をはさんで3時間ほど
お喋り会をしました。

私は接待の準備をしては母たち3人に好きに任せて、母屋で時を過ごしています。

今回は、母は簡易ベッドに横たわりながらお喋りしていました。
椅子に座っているより、楽にいられたようです。

お友だちはいいね。
いろいろなお話が聞けて、よかったね。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-18 22:55 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母退院
母が午前中退院しました。
1年以内に4回の入退院を繰り返しました。

今度こそ、長く家に居たいね。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-10-25 18:02 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母また
退院後、先週には自力で入浴できるまでに回復&頑張っていた母ですが、
またこの1~2日で急激に動けなくなってしまい、数回目の入院をしました。

前回までの病気は小康状態で、今度は科が変更になりました。
治療してもらって、またよくなって退院しましょうね。

“日中の自由になる時間”があることは、本当に有難いです。
教員だったら、こんなに思いのままに母を看病することはできなかったでしょう。
実際、父や祖母の時には教員現役で、とにかく一生懸命だったけど余裕がなくて
大変だったので、つくづくよかったと思えます。

もちろん、音楽は私の生き甲斐。
教室レッスンは、集中して精一杯指導させてもらうつもりです。
自分の練習や音楽交流も大切にしていきたいです。

他の家事は、そこそこに・・・^^;ゞ
[PR]
by sato_ongaku | 2010-10-06 22:57 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)
母のお友だちとのお喋り会
今日は、私の母のお友だち2人に遊びに来てもらいました。

私はまたいつものお茶受け準備&お友だちの送迎担当に徹し、母に尽くしました。
私が友人と楽しむ時のため、母にも楽しんでおいてもらうという下心ありありデス。
ヾ(≧▽≦)b

午後1時過ぎから母たちのお喋りが始まり、たまたまお開き予定の4時に私の
いとこが来て、改めて1時間半くらい(今度は私も加わって)お喋りが続きました。

退院以来、トイレ以外はほとんど寝ながら休んでいる感じの母だったので、
ずっと椅子に座り続けてよほど疲れたのではないかと心配していましたが、
思わぬニコニコ顔で「楽しかった」と♪

よかった!
思ったより、大分体力が戻ってきているのかもしれませんね。

まさにお喋りは、生きる(元気の)源ね♪♪ ^^

でも、無理はさせられません。
本人も気づかぬうち、やはり疲れていると思いますので。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-08-12 23:47 | ♯母の看病の日々 | Comments(0)