カテゴリ:♪音楽教室/レッスン( 361 )
発表会前最終レッスン♪
今日は午後2時台から9時まで、切れ目なく最後の発表会前レッスンが続きました。

泣いても笑っても、もうここまで来てしまいました。
これまで練習で積み重ねてきたものを、本番ではそのまま演奏してもらえれば大丈夫ですからね。

では皆さんの当日の演奏を楽しみにしています♪
[PR]
by sato_ongaku | 2016-08-24 22:27 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
発表会事前リハーサル
8日に完成したばかりのプログラムを渡すと、生徒たちは興味深そうに見ています♪

レッスンは、いよいよ本格的に発表会事前ハーサル時期に入りました。
ピアノ独奏や連弾、歌などの演奏だけでなく、司会や指揮伴奏、表彰等も含めて、全ての動きをなぞっていきます。
プログラムに沿っているのでうっかり忘れの心配もなく、生徒たちも楽しそうに取り組んでいます。

講師側の準備は山場を越えたとはいえ、まだ7割方というところでしょうか。
その後、自分の演奏の練習もせねば! (え~、それで大丈夫なの?!)
いつもそんな状態でステージ演奏している自分が怖いです。(≻≺)/

みなさん、当日本番までさらに演奏を高めるべく努力していきましょうね。

[PR]
by sato_ongaku | 2016-08-10 22:09 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
あ、懐かしい!
家族で外食した時のこと。

受付で「あ、先生!」と声を掛けられました。
「MNです。」
「あ、Mちゃん!」と、私。
一瞬分からなかったけど、名前を聞いてすぐに分かりました。

Mちゃんが「懐かしい!」と言ってくれました。
私こそ懐かしく、声を掛けてもらえて嬉しかったです。
小学生の頃、学校の伴奏者としても活躍し、教室の中でもセンスのあった子です。

このお店でアルバイトをしているそうです。お給仕に来てくれた時に、またお話できました。
私「いくつになった?」
Mちゃん「20歳です。今、大学生です。」
私「NO君知ってる? 大学生になって、また再入会してピアノやってくれているんだよ。」
Mちゃん「O君は同級生です。」とニッコリ。続けて「私も音楽楽しんでます♪」と。

そして、ふっと思い出しました。
私「市の広報に、成人式の役員で載ってた?!」
Mちゃん「はい。たまに言われることあります。」とまたニッコリ。
懐かしいと思いながらも何故かMちゃんが小学生の時以来と思えなかったのは、広報に載ってたMちゃんを見ていたからなのね。(笑)

会えて嬉しかったです。
これからも元気にがんばってね♪

[PR]
by sato_ongaku | 2016-07-31 23:45 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
発表会まで1ヶ月切る
子どもたちの学校は夏休みに入っており、いよいよ発表会が近づいて来ました。
月日って、どんどん過ぎるものですね!

発表会の細かいことを気づくたびにやっていますが、いくらやっても何かやり残しているようで落ち着きません。
長期休みで振替希望も多く、私はその連絡に忙殺されている感もあります。

教室レッスンではプログラムの校正や、お辞儀リハーサル、生徒司会、レッスン継続賞の表彰、教室歌の練習等、演奏の他にも色々と取り組みが慌ただしくなってきました。
でもこの発表会時期、生徒たちにとっては毎年恒例のことであり、むしろ生徒司会などが回ってくると、やりがいを感じてくれるのか楽しそうに取り組んでくれています。(^^♪

ここに来て、やっと大方の子の演奏が発表できるところまで漕ぎつけてきたような気がします。やれやれ…
本番まで1ヶ月弱、危うい演奏にこそ「あと1ヶ月あるから頑張ろうね!」と励ましています。

精一杯練習して、自分なりに納得できるステージ発表となるよう頑張ってください♪


[PR]
by sato_ongaku | 2016-07-30 23:15 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
発表会が近づいて
気がついたら、発表会が来月に近づいています。

まずは発表に向けて、生徒一人ひとりの演奏の仕上げ。
そして、講師側の準備。

生徒たちは、少しでも良い演奏をと楽しく練習を頑張ってくれています。
こちらも、参加品やレッスン継続賞品等の用意ができました。
プログラムもほぼ打ち込み完了、校正段階へ。
いよいよレッスンでお辞儀リハーサルを行っていきます。

しかし!
順調と言いながら、生徒の役割分担やプログラム・賞状作成、司会者との打ち合わせ等、これからやらなければならないことは山ほどあります。
今まさに、毎年この時期に出している発表会に関する教室便りや、招待チケットを慌てて作成中です。トホホ…
明日配布できるよう頑張ります!!

[PR]
by sato_ongaku | 2016-07-07 23:05 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
発表会に向けて
発表会に向けて毎年最後に追い込まれてしまうので、演奏や準備を早めに進めようと意識して取り組んでいます。

今のところは順調ですが、これが最後になるまで分からず気が抜けないのですよね~。σ(^.^;)┌

ひとつ、今年の第14回発表会ではなくて、もう来年の15周年企画で推し進めているモノがあり、自分でも会心ものだな~!なんて。(*"ー"*)フフッ♪
生徒たちと、苦労しつつも楽しい取り組みにしていきたいと狙っています☆(笑)

その流れが来年だけでなく、今年もちょっぴり楽しめそうな展開になってきました。
企画が閃くたびにワクワクしますね♪

[PR]
by sato_ongaku | 2016-06-30 03:09 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
発表会連弾曲決まる♪
今年は比較的早く連弾のペアと曲目が決定し、レッスンでの取り組みが始まっています。
いつもこういくと良いのだけど。(^^♪

さあ皆さん、まだ発表会までに余裕があるから気を楽に、楽しく練習していきましょうね。
併せて、普段の教材も頑張って!v(゚‐^*)d

[PR]
by sato_ongaku | 2016-05-11 22:08 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
小さな妖精ちゃん入会♪
ちっちゃなAちゃん(年少)が入会してくれました。

Aちゃんは生まれる前から知っています。(笑)
歌を習われているKさんのお孫さんです。
またKさんのご長男のお嫁さんでAちゃんのお母さんであるYさんも、レッスンにいらしてくださっていたことがあります。
Yさんはなんと音大卒で、教員採用試験のためにレッスンにいらして、みごと県の採用試験に合格し、現在教員をされています。

Yさんは赤ちゃんができる前から、「子どもが生まれたら、レッスンに通わせます。」と言ってくださっていました。

そして今、3歳になったAちゃんを連れて来てくれました。
もうそんな年になったのね!(☆▽☆)/
これほど感慨深いことはありません。
大切なお子さんをこの教室に託してくださり、本当にありがとうございます。

Aちゃんはピアノとソルフェージュを習っていくことになりました。

さて、実際にAちゃんのレッスンをしてみました。
2回目のレッスンでは、早くも伸び伸びと鍵盤をピアニストのように縦横無尽に弾いています。(笑)
でたらめ弾きとはいえ、3歳とは思えない堂々とした姿勢で、お指がへっこまず丸い手のフォームなのにも感心しました。
お母さんのピアノを弾く姿を真似ているのでしょうね♪

センスを感じます。 が!
3歳です。
そう簡単に指導に従ってくれる訳ではありません。
順を追っての地道なレッスンは拒否し、得意そうに鍵盤の音を出して楽しんでいます。

こちらが軌道修正のため指導を入れようとすると、
Aちゃん「私が弾いている時は、シーッ!」

いや~、知恵のある子です!(≧▽≦)/
指導する側への制し方が実に様になっていて、いつもお家の人に言われていることを今度は自分の都合のよいように置き換え、逆にこちらが口を出せないよう たしなめるなど大したものです。

これは一筋縄ではいかないぞ!
小さな妖精ちゃんと、これから本気勝負デス!!


[PR]
by sato_ongaku | 2016-04-13 22:05 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
縁が嬉しい入会♪
人生が走馬灯のように思い返されます!
なんて大袈裟なようですが、本当です。(≧▽≦)ノノ

中学の時に一番仲良しだったKちゃん。
今でも私たちは一緒になりさえすれば、直ぐにでもあの少女だった頃の気持ちに帰れます。(笑)

そのKちゃんの内孫Mちゃん(新小1)が音楽教室に入会してくれました。

私たちの卒業からウン十年…こんな日が来るなんて。

Kちゃんにとって、宝物のお孫ちゃん。
心を込めて指導させてもらいますね。

これからのKちゃんとのお喋りは、Mちゃんとのレッスンの話題が追加され、いっそう賑やかで楽しいものになりそうです♪(#^.^#)


[PR]
by sato_ongaku | 2016-03-28 23:35 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
保証人の親密感♪
高校を合格したばかりのK君のレッスン終了時、お母さんがレッスン室に入っていらっしゃいました。

私「合格おめでとうございます!!」
お母さん「ありがとうございます。実は先生にお願いしたいことがあるのですが。」
私「??」
お母さん「先生に、息子の高校の保証人になっていただけないでしょうか?」

伺うと、学生誓約書(学生が勉学に励むという宣言書)に保証人欄の署名と押印が必要とのこと。
けれど県内在住者というのが条件で、実家や親戚の人はみな県外に住まわれているそうなのです。

私は一も二もなく、快諾させていただきました。

K君が熱意をもって進学する気持ちを知っていたし、きっと有意義に高校生活を送ってくれると信じているからです。

私「喜んで! きっとK君なら高校で頑張ってくれるでしょう。
 それに私たち、もう十年以上の長いお付き合いになりますものね。」
K君「はい。親戚の人たちとは多くても半年や1年ごとにしか会えないけど、先生とは毎週会っています。」

このK君の、幼い頃から十年以上も「毎週会ってる」の言葉に、3人で大爆笑!!(≧▽≦)ノノ

本当にそうですね!

保証人にお声掛けいただき、こちらこそ思いのほか長きに渡って密度の濃いお付き合いをさせてもらっていることに思い至りました。

そしてご家族にとって、この音楽教室が親戚に準じるほどの関係になれていることが本当にありがたいです。

今までより、さらに親近感をもってK君を見守らせてくださいね!


[PR]
by sato_ongaku | 2016-03-22 23:51 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)