カテゴリ:♯息子/大学~( 58 )
息子帰仙
退院後2回ほど通院し、24日にめでたく抜糸できました。

これで治療終了と思いきや、
先生から「2週間後くらいに、もう一度見せに来てください。」と言われ、
「はい。」と答えたものの困りました。

29日には山形でのTOEICの試験に申し込んでいるとのこと。
(大震災が起きて、仙台から会場を変更していたそうです。)

東北と群馬の行ったり来たりを覚悟するしかなくなりました。

そんな訳で今日の夕食後、ひとまず夫運転の車で帰仙して行きました。
お米を半俵積んで行きました。

今回の息子の帰省は、思いのほか長いものとなりました。
もうなかなかこんなことはないだろうなぁと思います。

送って行った夫は、とんぼ返りで帰ってくる予定です。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-26 23:52 | ♯息子/大学~ | Comments(2)
息子退院
1週間の入院予定でしたが、順調に5日で退院となりました。
数回通院して、手術から2週間後に抜糸予定です。

座ったり寝ている時は足をできるだけ上にして、歩く時はかばって歩くように
と指示されている以外は、全くいつもと変わらずに元気でした。

ゆっくりと一日過ごしました。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 
研究室の方からはたまに連絡があるようですが、原発事故のことを考えると
少しでも長くこちらに居させたいと思っていたので、入院という理由があった
のは有難かったです。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-14 23:02 | ♯息子/大学~ | Comments(2)
順調な経過
午前中に郵便局へ行き、昼には息子の処へ。
息子は相変わらず元気そうで、食事も毎回完食しています。

なんと、主治医に「土曜日に退院」と告げられたとの事。
予定より大分早いです!
あまりにも順調で、びっくりやら嬉しいやら。

午後は、昨日の手術日の振替レッスン。

病院から色々と用を足しながら帰ったら、もう最初の方が早めに来て
待っていらっしゃいました。

その後も順調に生徒さんが続いてくれ(連絡漏れがなくてよかった!)、
私もレッスンを楽しませてもらいました。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-12 22:42 | ♯息子/大学~ | Comments(0)
手術無事終わる
足の指の先は痛みが強いということで、息子の手術は局所麻酔ではなく
全身麻酔で行うとの事。

ちょっと心配しましたが、終わってみたらあっけないほどスムーズに終了。
麻酔からもスッキリ目覚めたのが何よりホッとしました。
きれいに元の指の形に縫合してもらえたとのこと、よかったです。

手術自体は30~40分。
午前11時15分くらいに病室を出て、麻酔が切れて戻ってくるまで全部で
1時間余でした。

意識が戻り病室までストレッチャーで帰って来る時、息子は枕のない頭を
自分で不自然なほどもたげていて、ニコニコと「全然気持ち悪くないよ」とか
喋るし、とても元気そうなので驚きました。

その後も痛みが酷くなる様子もなく、夕食を完食!
後は自然に時間が治してくれると思います。

手術が無事に終わって、本当によかったね。
じっくり治して、退院したら食べ損なった誕生日ケーキを食べようね!
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-11 23:08 | ♯息子/大学~ | Comments(0)
息子の入院
色々なことがある時は色々と起きるもので、息子が足の指の手術のために
入院しました。

爪がちょっと盛り上がってきたなと気軽に受診したら、指の先の骨が数ミリ
伸びてきているので、切り開いて骨を削りましょうと説明を受けました。

入院は1週間~10日程度との事。

こちらに帰っているところで、歯科医通院も終えました。
この際、悪い所は全部治していってもらいましょう。
[PR]
by sato_ongaku | 2011-05-10 22:38 | ♯息子/大学~ | Comments(2)
息子の男声合唱定期演奏会♪
大学祭の時と同様、今回も息子に「おばあちゃんが、また入院したので行けない」
とメールを送っていました。

が、母と義姉が「今のところ特に大きな症状の変化はないし、むしろ入院中で
看護師さんもいてくれるので、行って来たら?」と言ってくれたので、その言葉に
甘え2年ぶりの定期演奏会に行って来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2日前にバタバタとホテル予約。
思ったより順調にホテルを見つけることが出来てラッキーでした。

【5日当日】朝、ウキウキと電車に乗りました♪

ところが・・・しばらく行くと、先の駅で思わぬ人身事故発生!!
電車が停車してしまいました。
2時間以上? じっと運行再開を待っていました。

あ~、午後2時開演に間に合うだろうか?! と、気が気ではありませんでした。

それでも新幹線への乗り継ぎが順調で、会場も仙台駅から徒歩5分くらいだったので、
10分少々遅れましたが、何とか演奏が聴けてホッとしました。

1st Stageの途中から男声合唱の柔らかく美しい歌声に包まれるように、心地よく
着席しました。

≪プログラム≫
1st Stage 副指揮者ステージ
男声合唱組曲 「雪国にて」  作詞:堀口大学 作曲:多田武彦  指揮:宮本将志
1)関川の里
2)或る誕生
3)雪の中の歌
4)昔の雪
5)老雪
6)雪中越冬

2nd Stage 正指揮者ステージ
“Love Songs for Men's Voices”  編曲:Robert Shaw 指揮:石田哲史
1)Loch Lomond
2)Green Grow the Rashes,O
3)Stodole Pnmpa
4)Down by the Sally Gardens
5)Vivel Amour

3rd Stage 客演指揮者ステージ
「日本民謡曲集」より  作詞:清水 脩  指揮:奥村静剛
1)そうらん節
2)機織歌
3)佐渡おけさ
4)五木の子守唄
5)最上川舟唄

男声合唱曲って、本当にたくさんあるのですね!
演奏会のたびに、色々な曲に取り組んでいるのに感心します。

今日の演奏会も一生懸命で爽やかで、初めての会場でしたが響きもよく、
男声合唱ならではの快いハーモニーを楽しませてもらいました。
“発音の歯切れのよさ”も際立ち、各曲の表現力を高めていたと思います。

特に2nd Stage3曲目の「Stodole Pnmpa」は、ソロと各パートとの織りなす
薄くなったり濃くなったりするハーモニーや緩急に、非常に聴き入らされました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
終わってから、私はホテルに早めのチェックイン。
息子は一旦荷物を置きに顔を見せ、レセプションと打ち上げに出て行きました。

再び息子がホテルの部屋に戻って来たのは、夜中の11時頃。
それから二人で、溜まっていた音楽の話へ♪♪♪

そしてお決まりでPCを繋ぎ、ジュネーブ国際音楽コンクールの演奏や表彰式の
模様も一緒に見ました。
翌日は息子の授業もあるので、2時頃?には適当に寝ました。
数時間して・・・

【翌朝6日】
朝食後、すぐに息子は第1限から大学へ。

私は見送ってから、ゆっくり群馬へ帰って来ました。
夕食には母の処へ行きました。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-12-06 23:01 | ♯息子/大学~ | Comments(0)
大学祭最終日
すっかり泊まり慣れたホテル。息子のバイト先であり、
その縁で私が会員になり、今回はポイント無料宿泊できました♪

===============================
31日(日)朝 起床してすぐ息子入浴。
そそくさと朝食とって、最終日の大学祭に出掛けて行くのを見送りました。

その後、私はゆっくりと入浴し、チェックアウト。
まずは大学と反対方向の駅に行ってロッカーに荷物を預け、お土産ゲット。

昼食後に、昨日に引き続きもう一度大学祭へ舞い戻りました。

今年の大学祭テーマは「Fantastival ファンタスティバル」
門を入ると数限りなく学生達による屋台が並び、雨模様にも拘らず、人、人で
溢れていました。
野外ステージは、今年もお笑いライヴはタイムマシーンが来ていましたね。
それとキングオブコメディ。

それらの人ごみを掻き分け、私は相も変わらず息子達の歌声喫茶へ。
今日は午後4時閉店とのこと。

じっと聴き入ってる中で、歌っている人たち一人ひとりの学年や歌声、人柄さえも
窺えるほどになってきました。
こんな仲間の人たちと、息子はずっと一緒に活動してきているのね♪
よく飽きずに真剣にやってきているね。
好きで入れ込むことのできるものに出会えて、楽しく充実した大学生活が送れて
本当によかったね!
そんな姿を見られて、親としてはそれが一番嬉しいです。

今まで息子がお世話になってきた先輩や、同級生の人たちとも少しだけご挨拶の
機会が得られたのもよかったです。

諸々の思いを胸に、夜9時半頃、我が家に帰り着きました。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-10-31 23:28 | ♯息子/大学~ | Comments(0)
2年ぶりの大学祭へ
昨年は母が体調を崩した(その後入院)ために行けなかった大学祭。
今年も息子から「29日~31日が大学祭だよ」とメールをもらった時は、
「またおばあちゃんが入院したから、行けないと思う」と返信していました。

でも嬉しいことに、母が無事退院できたので行ってきました!
母は私が出掛けるのに合わせて兄の家でお世話になっていて、入院のため延期に
なっていた1泊旅行に車椅子持参で連れて行ってもらっています♡m(_ _)m

折りしも台風到来。どうなることかと思いましたが、
関東に一番接近する時に私は新幹線で東北へと逃れ、台風が東北へ上がって
来る時にはうまいこと温帯低気圧に変わって太平洋へと離れて行きました。

私が仙台にいる間、雨はしとしとずっと降り続いていました。

============================
30日(土)午前 
洗濯物を干したりした後、いつもよりゆっくりめにお昼近くになって家を出発。
新幹線を降り、仙台駅から直行で大学へ行き、午後3時過ぎに
息子達の歌っている歌声喫茶の教室に着きました。

相変わらず男声合唱のメンバーが歌い続けており、その中に息子の姿もありました。

部員があまり増えていないと聞いていたので、どんなハーモニーになっているかと心配
していましたが、思ったより綺麗な柔らかい声で歌っていてよかったなと思いました。

紅茶とバームクーヘンを注文し、1回紅茶をお替りしながら(同じものならお替り自由)、
閉店6時まで聴き続けました。
学生たちの一生懸命な姿と歌声に心地よさを味わいながら、時間いっぱい楽しみました。

夜は息子を待ち、10時頃一緒に夕食に出掛け、美味しく“たらふく”食べて大満足で
帰って来ました。

ホテルに帰ってネットを繋ぎ、夜中まで発声の話やショパンコンクールのビデオアーカイヴを聴いたり、音楽談義に耽りました。
翌日歌うのに喉は大丈夫か~?!と気にしながら・・・(^ ^;)ゞ

2人で喋っていると、いくら話しても尽きません。
結局、喉のために??3時頃寝ました!(≧▽≦)/
[PR]
by sato_ongaku | 2010-10-30 23:40 | ♯息子/大学~ | Comments(0)
ゆったりも納得のGW♪
息子が大学生になって、一番ゆっくり帰省できた日々となりました。

数日後に息子の誕生日なので、帰る前にお祝いをしました。
私の時と同じステーキハウスに、夫と息子と3人で行きました。^^

5日間毎日、母(祖母)のお見舞いに行きました。
そしてピアノと歌を楽しみ、DVDオペラ鑑賞した夜は貫徹しそうになりました。(≧▽≦)/

オペラ鑑賞では、グルべローヴァのアリア(私の発表予定曲)に大感動!
歌に動作に、もうスゴイ!の一言です♪♪
何度も止めては聴き直し、歌詞の意味も確認しました。

連休通してでは、男声の発声研究にもかなり燃えました!

今年のGWは出掛けられなかったけど、もしかしたらこんな連休を一番望んでいたのかも♪
[PR]
by sato_ongaku | 2010-05-05 22:51 | ♯息子/大学~ | Comments(6)
ポーランド土産 生き返る
ポーランドのスープのお土産が、息子により生き返りました。(≧▽≦)/

ポーランドですごく気に入ったジューレック(少し酸味のあるスープ)のインスタント粉末をお土産に買ってきたのですが、日本に帰って作ったら結構匂いと味がきつくて家族に
不評!

ポーランド語が読めずに適当に作り、初めはお湯をかけただけで“だま”になり失敗!
「あ、鍋で煮ている絵がある!」と気づき、煮てみたけどやっぱりまずい。
濃すぎるのか?! と薄めてみたり・・・

いよいよ(残りの数袋は、そのまま廃棄の運命?!) と、覚悟し始めていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
でも、せっかく息子が帰って来たので「ポーランドの味をもう1度」と、
懲りずに作ってみました。
今回はきのこのズッパの方を、思いっきり薄めて作ってみました。
味はジューレックのような癖のあるすっぱさや匂いはなく、それに比べれば
きのこの匂いと味が飲みやすいように思いました。

が、息子は食べたなり 「薄っ!!」
やはり分量を確認もせず、水をどぼどぼ入れたのは間違いだったかしらん?! (><)/

食後、息子がジューレックとズッパ2種を作り直してくれました。
ズッパは分量通りに煮詰め直したら、まろやかですごく美味しかったです!きゃ~

そして、問題のジューレック。
鍋で煮ながら、「確かにこっちは匂いがきついね。」と言った後、
「お母さん、牛乳ある?」
「あるよ。」
牛乳で延ばして味修正。
すごく飲みやすくなりました。

や~、よかった~~!捨てなくてっ!!
おかげで、ポーランドの味が甦りました。
ありがと~♡
[PR]
by sato_ongaku | 2010-03-30 22:14 | ♯息子/大学~ | Comments(0)