<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ピアノ伴奏と中越沖地震
この度の新潟の大地震はまだ前回から数年しか経っていないうえ、被害も甚大で、
本当に大変なことだったと思います。今もまだまだご苦労の連続でしょう。
心からお見舞い申し上げます。

こちら伊勢崎市の小学校は、毎年新潟の寺泊に臨海学校に行っています。
それが今年は、あの中越沖地震の影響で中止になってしまったそうです。
本当に子ども達にとっては、さぞやがっかりしてしまったことでしょうね・・・

= ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ =
実はこの教室でも、その裏で残念だった生徒がいます。
Aちゃん(小5)のH小は、市内の音楽会では先生が伴奏するので、
今まで生徒のピアノ伴奏の機会はありませんでした。

それが今年の臨海学校で歌う2曲を、生徒にピアノ伴奏オーディションして
くださったのです。
Aちゃんは発表会の取り組みと同時進行でとても大変だったのですが、
持ち前のがんばりとセンスでみごと伴奏者に選ばれました。
音がきれい、と評価してくださったのも嬉しいですね☆
本人も初めて伴奏できることをとても喜んでいました♪
なのに、なのに・・・! 上記のごとく臨海学校は中止となってしまいました。

本当に残念でしたが、先生が学年の生徒さんたちの前でピアノ伴奏を披露させて
くださったそうです。
ありがとうございました。

Aちゃん、またの機会はきっと来ると思うから、選ばれたことを励みに
これからもピアノますますがんばっていってね。
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-30 09:54 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(4)
発表会の余韻
さすがに皆発表会の余韻が大きく残っているようです。
発表会で力や勢いをつけ、教材を爆発的に進めている子も多いです。
ブルグミュラー予備軍やR君や、きのうのAちゃんや・・・
今日のK君(小1)もたくさん進んで、大喜びで帰って行きました。(笑)

~~~~~~~~~~~~~~
【発表会来場者の感想】より
昨年度までM小に勤めていました。
みんなが一回りも二回りも大きくなって
頼もしくなっている姿を見て、静かに感動しました。
ありがとうございました。
※子どもから大人まで、生涯を通じて
  ピアノと親しんでいる姿を見て「いいなぁ」と思いました。
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-28 11:15 | ♪発表会 | Comments(0)
感想のお手紙
発表会後、金曜日の初レッスン。
Hちゃん(年長)が、こちらからお願いした感想用紙の他に
自分のお手紙で感想を書いて来てくれました。
お母様によると、自分から何やら書いていたとのこと♪(*⌒ー⌒*)
私へと、同じ時間に一緒にレッスンしているAちゃん(年長)や妹ちゃんに
書いて来てくれました。
Aちゃんには、同時に何も書いていない用紙も渡していました。
お返事用だそうです。 (≧∇≦)ノ フフ、カワイイ!

Hちゃん、入会したばかりで初ステージだったのに素敵に発表できましたね♪
お手紙ありがとう♡ 先生うれしかったです。
またレッスンがんばっていきましょうね。
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-27 10:50 | ♪発表会 | Comments(0)
感動のご挨拶♪
水曜日のN君(年長)が「こんにちは」と、ご挨拶しながら入室して来ました。
私も「こんにちは。」
前の子のレッスンが終わったので、
「N君、発表会ではピアノも開会の言葉も、とても上手だったね!」
「さぁ、レッスン始めましょう。」と声を掛けると、
立ち上がってピアノに座る前に、はっきりした声で私の目を見て
「先生、発表会では大変お世話になり、ありがとうございました。」

「w(*゜o゜*)wえ、え~~~っ?!」「すご~~~~~~~ぃ!!!(☆。☆) 」
年長さんの思いもかけないこの立派なご挨拶に、私は感心やら嬉しいやら♪♪
思わず「N君、ありがとう。よくご挨拶できたね。お母さんにもよろしく伝えてね。」と
応えました。
この7月に他の教室から移って来られたばかりの、ちょうどレッスンが終わって帰られる
ところだったN姉妹のお母様も、私と一緒に感心されていました。

発表会後に、お子さんからこんなに丁寧にご挨拶してもらえたのは初めてです。
私も息子も言えたことがなかったのではないかしら?
素晴らしいです。 ありがとうございます。m(_ _)m

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *
【レッスンでのご挨拶】
A 「こんにちは」「さようなら」
B 「お願いします」「ありがとうございました」
C 「先生、発表会では大変お世話になり、ありがとうございました。」

Aの挨拶を言える子は多いです。 たまに片方や、なくなっちゃう子もいますが。^^;

Bがレッスンでの通常の挨拶と思いますが、意外に少ないです。
おうちの方は、大切なお子さんに教えようとしてくださっているようなのですが。
特にレッスンを始める前の「お願いします」を言える子は、ほとんどいません。
さすがに私と息子は Bは言っていたと思います。そうしないと落ち着きませんでした。

実は私はレッスンで、ご挨拶の言葉を教えたことはありません。
形を教えるのも大切と思いましたが、それは保護者の方にお任せしようと思いました。
指導する私から、「お願いします。ありがとうございました、を言いましょう。」では
あまり意味がないと思ったからです。

その代わり、私からはできるだけ挨拶や丁寧な言葉掛けを心掛けています。
言葉でものを考えるのだから、優しく豊かな心を育むには丁寧な言葉が大切と思います。
(荒い言葉は、荒い思考を招くと思います。)
その中で、レッスンにふさわしい言葉も身につけていってほしいと願っていますし、
それが音楽性にも関わってくると思います。

長くなりましたが、N君は当然Bは身についていて、
驚いたことに今回はその上のC のご挨拶だったのです。
そしてレッスン終了後は、忘れずに 「ありがとうございました。」と帰って行きました。
ご挨拶はできる子はできるし、できない子はできない。
年齢にあまり関係なく、その人の心や価値観を表すものかもしれませんね。

もう本当にびっくり、感心しました☆♪⌒ヽ(゚O゚*)ノ スゴイッ!!! 
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-25 20:21 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(4)
音楽いっぱいのPTA♪
23日19:00~、M高文化広報部 PTA新聞反省会と懇親会に
私達OB(G)組も楽しく参加させていただきました。
出席はPTA広報部員だけに留まらず、校長先生始めお世話になった先生方が
多数参加され、和やかで思ったより盛大に行われました。

場所はいつもの、PTA文化広報部員でありPTA会長K氏のイタリアンレストラン。
乾杯の音頭が、なんとK氏(テノール)とO氏(バリトン)の二重唱♪
いかにもこの高校の文化だなぁ、と思ってしまいました。(笑)
相変わらず美味しいお料理をいただきながら、いろいろな話題に話がはずみます。
その間も素敵な歌声で会が進行します。
女性役員の方の中にあのK氏たちの歌声にも引けをとらぬ素晴らしいソプラノの方が
いらして、同じくキーボードで伴奏してくださる方もいて、混声で素敵な三重唱も
聴かせて頂きました。
人材が本当に豊富です☆
そして参加者全員も加わり、一緒に懐かしいフォークソングを大合唱。
途中からK氏に私たちOBも前に引っ張り出され、歌声はさらに盛り上がりました。
私も適当にハーモニーつけて、心から楽しく歌いました♪♪

あれ、何の会だっけ? というくらい音楽色濃い会(笑)ですが、
第48号の新聞のでき栄えも素晴らしいものでした☆
本当にお疲れ様でした。

懸案事項であったエアコンも無事高校に設置され、夏になり稼動しているとのこと。
植えたケナフ等の緑も大きく成長し、環境負荷軽減に大きな効果を上げているようです。
エコバッグも出来上がり、OBに手渡されました。
思った通り(以上)に素敵な物ができました☆☆
持って歩くのが楽しみです。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *
終了後場所を移して、
私達OBと現役の女性広報部員の人たち10人ちょっとで、お茶の二次会をしました。
皆すでにお腹いっぱいなのに、さぁもっと親しくお喋りしましょうとばかりドリンクバーや
デザートを注文し、和気藹々と新聞発行の話や息子たちの情報交換をしました。
冷たい飲み物や温かいハーブティーなど何種類か好きにブレンドして飲み回し、
皆まるでカクテルを飲んだようにホロ酔い気分でノリノリでした。
またお会いましょう。≧(´▽`)≦
帰宅は0:30でした!∑(゚▽゚;ノ)ノ  病み上がりも元気になった!?!?
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-24 09:00 | ♯PTA・母の会役員として | Comments(0)
百歳の声楽家♪
す、すごい人がいました!! オオーw(*゜o゜*)w

午後2時からのレッスンが始まる前、
NHK「百歳バンザイ!」の番組で、凛とした気品のあるご婦人が映し出されました。
歩いている姿は腰も曲がっておらず、足取りもしっかりされています。
一瞬、この人が百歳?! 今日の主役の人とは思えませんでした。

声楽家で、ご自身でピアノ伴奏を弾きながら柔らかくきれいな声で歌われています♪
また声楽家・大学講師の方にレッスンをされていました。
ちょうど「からたちの花」を指導されていました。

無理のない美しい響きで歌うということは、
百歳になってもこのようなきれいな声で楽しめるのですね♪♪
実際に歌声を聴けたのが本当に嬉しく、感動しました☆(^▽^)/

このご婦人は山田耕筰の愛弟子でいらしたということ、
山田耕筰は“言葉”をすごく大切にされていた、話すように歌う歌が多い、
その中でも「からたちの花」が一番言葉を大切にしていた曲だ、と。

私も図らずも、未熟ながら「からたちの花」を話すように歌わせてもらいました。
それがよかったのだと確認できたのもありがたかったです。
レッスンまでに5分ほどしか見られなく、生徒が来てしまったので中断。 残念!!

とにかく全てが驚き!(☆▽☆)/
私の理想とする姿を、このご婦人に見ることができた想いがしました☆O(≧∇≦*)Oノノ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
後でネットで調べました。
このご婦人は、大阪府の嘉納愛子さんとおっしゃいました。
こちら
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-21 20:01 | ♭音楽のつぶやき | Comments(0)
発表会DVD
発表会後の1週間。
発表会の勢いで翌日くらいまでは気が張っていたのか元気でしたが、
その次の日あたりから改めて疲れが出てきました。
喘息症状はなかなか終わらず、数日間布団に寝ていました。
今でも相変わらず胸のゴロゴロは残っています。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
今日はもねちゃんとうたぴちゃんの発表会のDVDを見せてもらいました。
人のものを見せてもらえるのって参考になるし、それ以上にすっごく楽しい♪♪♪
自分の発表会終了と合わせ、トリプルで余韻に浸らせてもらいました☆☆(^▽^)/

それにしても、いつも人のを見せてもらうだけ・・・虫が良過ぎますね。
もうそろそろうちのもと思うのだけど、今年のこの状況の中で果たして
どのようなものが録画されているのか恐ろしいものがあります。
保護者の方に編集をお願いしていますが、もし勇気が出たら、
今までに発表会のビデオやDVDを見せてもらったことのある方、
もしくはネット等でお付き合いがあり、これから見せていただけるという方に限り、
ご希望があれば回させてもらおうかな?
まだあくまでも未定ですよ~! (≧v≦;;ゞ

明日は午後からレッスン開始です。
本当は明日までお休みだったのだけど、振替えで入っています。
がんばるぞ~~~
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-20 11:44 | ♭研修・講師友・オフ会 | Comments(4)
私の音楽活動のルーツ
発表会翌日
発表会にはるばる埼玉草加市から応援に駆けつけてくれた I さんの娘さんMちゃんの、
東京銀座のギャラリーで行われているデザイン・イラストグループ展に行って来ました。
息子と母と私、3世代の珍道中でした。
Mちゃんの作品はほのぼのと可愛く、本当に心温かいものでした。
地方紙の幾つかに連載もされているそうです。
さらにこれからの活躍が楽しみです。(*^_^*)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 
I さんは、教員仲間で始めた今年25周年を迎える草加市『泉の会コンサート』の
発起人で、ずっと中心になって活躍されて来ました。
私も泉の会に初回から誘って頂き、群馬に帰って来るまで活動していました。
「泉の会」の命名は私です。
泉の会が私の音楽活動のルーツで、こちらに来てからの音楽教員仲間との集い
「カンタービレ」と「サトウ音楽教室」に繋がっています。

常に前向きに充実した生き方をしている I さんは、私にとって人生の師です。
その I さんが、きのうの発表会と演奏を褒めてくれ、とても嬉しかったです。
というのは今回に限らず、私は教育実習でつぶして以来喉が弱くなって、
教員としての職業病も加わり歌の低迷をきわめていました。
発声を見失い、大好きな歌を歌えないほど悲しいことはありません。
その苦悩をよく知ってくれている I さんに、
“やっとの思いで掴めてきた発声の響き”をぎりぎりのところで聴いてもらうことができて、
わざわざ来てもらった甲斐があった♪と思うことができました。

ピアノ演奏についても、
「ピアノソロ、初めて聴いたけど ( ̄∇ ̄;)ハハハ、よく指が回るもんだと感心しています。
ハッタリだけではあれだけのピアノは弾けないんじゃない?」と。(/ ̄▽)/ ~фハラ・・・
一人であの発表会を主催したことについても脱帽!とまで言ってくれました。
もちろん同業者の方たちから見れば、全て笑っちゃうほど突っ込みどころ満載、
お恥ずかしい限りと思います。
それでも私にとって、I さんに褒めてもらえたことが一番の栄養、自信になります。
本当にありがとうございます。これからもがんばります♡(*^▽^*)o~♪

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 
銀座から帰宅後、
息子は週末に帰って来る度に大量に持ち帰るようになった洗濯物(笑)を、
大急ぎでたたみバッグに詰め、夕食後慌しく最終新幹線で仙台に帰って行きました。
いや~、今回も発表会をはさんで“風のごとく”の滞在でした。ヾ(^-^;) ゴクロウサン
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-16 10:10 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(0)
発表会 当日/本番
12:30 記念撮影集合
その後、開会・閉会・表彰の並び方や立ち位置の確認等を行いました。

13:00 開演
小さな子からスタート。
会場はほのぼのムード。
年中さん、年長さん、1年生・・・初めての舞台の子が多いのに、みんな立派でした。
ちゃんと一人で行動、演奏できました♪

毎年思いますが、子ども達は本当に本番に強いですね。
学年が上がっていっても、やはりその傾向にほとんど差はありませんでした。
レッスンの時より上手だった子がほとんどで感心しました。
実は最終的に、最後のレッスンでも楽譜を見て曲の仕上げをしていた子がいたのに、
全員が暗譜で弾けていました。

それが曲が難しくなってきたり、大人を含めステージの怖さが判ってくる歳になると
逆転してくることも多いです。
でも今年の人たちは総じて落ち着いて、いつもの力を発揮してくださいました。
やはり皆さん、年々上達されています♪

間に、発表会名「夢いっぱいコンサート」の名前をつけてくださった父子と、
5年賞の方たちの表彰を行いました。
こんなに続けてくれた人たちがいたと、嬉しく思ったのと同時に、
5年って随分成長&上達するものなんだなと、生徒さんから教わりました♪(゚∇^*)v☆

息子は自分らしい演奏ができたと思います。
スタッフとしても、もう頼りっぱなしの存在となりました。
夫は、午後はカメラマンに徹していました。

= = = = = = = = = = = = =
さて生徒さんの頑張りに比べ、私は自分の演奏がどうなるか心許ないものでした。
何と言っても、まだ練習の段階でまともに歌えた試しはないですし(問題外^^; )、
それで講師演奏!\(°o°;)/ ヒェーッです。
ピアノは教員になってからは学校教材や校内合唱コンクール曲の伴奏ばかりで、
実はステージでの独奏なんて ン十年ぶりっ!!
大人になってから一番練習したとはいえ、終わった途端に生徒さんがいなくなったら
どうしましょう状態。

でもどういう訳か、今年は『やろうモード』にスイッチが入ったんです。
プログラムに早めに入れて配布してしまい、自分の覚悟が揺らがないようにしました。
実際は体調不良と台風のダブルパンチで、かなりの苦戦を強いられましたが、
今はやって良かったと思っています。

ピアノは弾き出してすぐ、信じられない場所で指がもつれました。
お恥ずかしい。始めからやり直しました。
でもその後は何とか全曲通して弾き切りました。
今の私では、あれで精一杯だったでしょう。
これでピアノ熱に火がついたかも、です。
って私、ピアノの先生よね・・・?!(`□´)ノ コラーーーッ!!

歌は、それが上手くいったんです♪
背水の陣をしいて臨んだ「からたちの花」。
私にとっては喘息になったからこそ、響きで鳴らすしか歌えない歌だからこそ
歌えたと思っています。
元気だったら絶対力で押してて、高音は苦しかったろうなぁ!
「アヴェ・マリア」も含め、高音を無理なく響かせられたのでホッとしました。
伴奏者と、息子のオブリガートと、私の歌、この3様の演奏形態も楽しかったです。
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-15 21:38 | ♪発表会 | Comments(0)
発表会 当日/午前
朝起きると体調はすっごく良くなってたという訳にいかず、予想の範囲内でした。
昨年同様、奥の手で薬をちょっぴり増量して臨みました。

息子も疲れているようで、起きて来るのが遅かったです。
私も息子も午前中は使い物にならない状態で、唯一夫が気を吐いて、荷物運びや、
弁当・お茶の手配や、掲示貼りなどフル回転で活躍してくれました。

家族それぞれに遅れ気味に会場に着くと、もう伴奏のKさんが来てくださっていました。
すみません。ありがとうございます。m(_ _)m
せっかく来て下さっているのに、花屋さんが来たり、すぐには合わせに入れず、
私は準備の見通しがつくまでバタバタと動き回っていました。
見かねたKさんにも、記念写真用椅子や花並べ等、随分お世話になってしまいました。

息子も会場の人と打ち合わせをしたりしています。
それぞれに時間を見つけて練習に取り掛かりました。
やっとKさんとの合わせに入りましたが、やはりどうしても朝は声が出ません。
響きだけに専念していても途切れ途切れ・・・
それでもKさんは「昨年の午前(ガラガラだった)よりは、ずっといいですよ。」と励まして
くださり、私も気を上げていきました。
喉がこんな調子でしたので、半分以上は歌の方に気をとられがちでしたが、
ピアノは本番に練習してきたものが出るよう頑張ろうとそれだけを思っていました。

気づいたら、息子との全員合唱の指揮伴奏合わせをしないままに過ぎていました。
ま、前回帰ってきた時に一度だけ合わせていたので、いっか・・・ ^^;

わ~、もうお昼!
来ている人もたくさんいて、
予定より早めに受付の人に始めて頂くお願いをしました。
講師演奏の心配をしている暇もなく、もう本番まで一気に入っていく段階となりました。
[PR]
by sato_ongaku | 2007-07-15 21:04 | ♪発表会 | Comments(0)