<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
教室歌/完成♪
サトウ音楽教室歌
題名 「音楽は夢いっぱい」

今年2月の大人の音楽会で、「こんな時に一緒に歌える教室の歌があるとよいですね。」
と、ありがたいご意見をいただきました。

そこで教室便りで教室歌の作詞を募集したところ、とても素敵な歌詞を書いてくれた
Mちゃん(小4)の作品に5月末に決定しました☆

さらに生徒さんに作曲を募りましたが、これは1、2、3番の歌詞合わせが難しかったのか
7月下旬の締め切りまでに応募がありませんでした。

そこから息子が取り組みだし、作曲しました。
さらにS先生がハーモニーと伴奏の編曲を担当してくださり、
素晴らしい教室歌が完成しました♪ 自画自賛!(*≧∇≦)ノノ

9月のレッスンで少しずつ練習していき、発表会で会場全員で歌う予定です。
どんな披露になるか、私もとても楽しみにしています♪♪
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-31 23:59 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
3M♪
前回、PIU館の新築祝いにお集まりくださった3Mの皆さん。
嬉しくて、今日は逆に気持ちばかりのお返しをしたいと集まっていただきました。

午後から、いつものお喋りティータイム&歌声♪

こんなふうに私の楽しみやレッスンに、PIU館は大活躍してくれています。
これからもこんな形で皆さんにもお返ししていけたら、PIU館も本望と思います♪(笑)
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-30 22:45 | ♭歌声♪と交流 | Comments(0)
カンタービレ コンサート♪
カンタービレのメンバーと、自主自演のコンサートを行いました。

<日時>2009年8月29日 開演3:00 閉演4:30
<会場>玉村町文化センター小ホール

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
カンタービレは元々20年ほど前から活動していました。
私が以前勤めていた埼玉県草加市のメンバーと行っていた泉の会の活動を、
こちらの地域でもできないかと声掛けをしました。
しばらくは活動していましたが、現役音楽教師は忙しく
いつの間にか立ち消え状態になっていました。

ところが縁があり、近年集いが復活し、
特にこの1~2年は毎月の定例会も定着してきたことから、
ホールでの演奏会もやってみようという広がりになりました。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
第1回の今回は、『自分達だけで演奏し、聴き合おう』とスタートしました。
しかし直前リハで、司会や運営まで入れると、4人のメンバーがほとんどステージに
出ずっぱりという状態になり、とても座席で聴いていることができないことが判明。^^;
急遽、私の友人達にステージスタッフをお願いしました。

コンサートの声掛けも、自分達だけ→家族→今後出演が見込まれる教員の友人
と、少しずつ拡大しました。

当初は来場者ゼロの予定が、気づいたら聴きに来てくださった方も増え、
思いのほかコンサートらしいコンサートになりました♪(*v_v)
「1人に聴いてもらうのも、大勢でも同じ」と、メンバーも腹をくくれたようです。
来年度からは普通にお声掛けしていけそうです。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【プログラム】
1 メゾソプラノ独唱
   歌劇「フィガロの結婚」より            (モーツァルト作曲)
   自分で自分がわからない  楽しい思い出はどこへ

2 ピアノ独奏
   アメイジング グレース              (ニュートン作曲/オースティン編曲)
   ノクターン第20番嬰ハ短調遺作         (ショパン作曲)
   愛の挨拶                      (エルガー作曲)

3 ピアノ独奏
   ピアノソナタ№8「悲愴」第1楽章        (ベートーヴェン作曲)

4 ピアノ独奏
   ピアノソナタ№8「悲愴」第2、3楽章      (ベートーヴェン作曲)

5 ユーフォニウム独奏  
   青春の輝き                    (カーペンター他 作曲)

6 ピアノ独奏
   2声のインヴェンション №1 №4        (バッハ)作曲 

7 ソプラノ独唱
   さくら横ちょう                    (加藤周一作詞 中田喜直作曲) 
   歌劇「トスカ」より 歌に生き恋にいき      (プッチーニ作曲)

8 メゾソプラノ独唱
   歌劇「ジャンニ・シキッキ」より 私のお父さん (プッチーニ作曲)
   歌劇「カルメン」より ハバネラ          (ビゼー作曲)

9 ピアノ連弾
   スラヴ舞曲第10番                 (ドヴォルザーク作曲)

10 全員合唱
   夏の思い出                     (江間章子作詞 中田喜直作曲) 

================================
(終わってみて)
私のプログラムは2と7番です。
うちの教室で演奏しているものが中心で、ちよっと統一感がないかも。ヾ(≧ε≦)ゞ
MDで聴き直してみたら、やはりお恥ずかしい演奏でした。
でもやり終わった達成感を持つことができたし、メンバーとの心の結束がより深まり、
今後の生涯の生き甲斐として “楽しみ&がんばって” いきたいと思います♪
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-29 22:15 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(0)
発表会まで1ヶ月余
いよいよ夏休みも終わり、生徒たちの学校も始まっています。
月日の早さに慌てても仕方ないと思いつつ、またもいろいろと追い込まれてきました。

夏休みで家にいるからできるかと言ったら、逆に休みたくなってしまうのも長期休み。
暗譜で弾いたり、よい演奏になっている子もいますが、反面
危ういと思っていた子に限り(今度こそと期待しているんだけど)相変わらず進まず、
何人かの子はいよいよドキドキ残り1ヶ月勝負に入ります・・・ ^^;

できるか心配する間に「毎日弾く」ことができれば、目標は達成できますよ~♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちら指導者側も、準備はこれからという状態です。
あれもこれも・・・! とにかく一つひとつ進めていきましょう。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-26 22:47 | ♪発表会 | Comments(4)
ミニ目標☆直前合わせ♪
土日は体温が高熱に上がることもなく、36.7~36.9℃辺りを推移していました。
体調を見つつ大事をとりながら、両日ともレッスンを行うことができました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
数日後に迫った、仲間との『ミニ目標』。
私個人はうちの発表会の事前練習にも位置づけているのだけど、
気づいたらあまりにも目前に近づいていて少々焦っています。

私の体調にも気遣いながら、午後からメンバーが集まってくれました。
ゲネプロというほどに本格的な通しはできなかったけど、
一応やってみて上手く流れないところに改めて気づきました。
というか、そういうところが多過ぎ!ヾ(≧▽≦ι)┌

なんとかせねば!!
今頃になって策を講じる必要が生じるなんて、笑っちゃう仕儀です。^^;

「やることに意義がある!!」というのが、すっかり合言葉になっています。(笑)
もう、当日本番に突入だ~~~

=================================
皆さんが帰った後に、K1さんが私のピアノのアドバイスをしていってくれました。

私がなかなか思い通りに表現できずに落ち込んでる話をしたのですが、
うまくいかないところを本当に一つひとつ親身になってアドバイスくださり、
すぐにはできなくとも今後の努力の方向性が見えただけ気持ちが明るくなりました☆
本当にありがとう♪ いつも優しいご親切に感謝です♡m(_ _)m

※アドバイス受けたことは、よく考えると私自身が生徒に言ってることも多いんですよね。
 自分のことになると、意外に分かってないということですね!
 とにかく客観的に他の人に教えてもらうというのは、本当に勉強になり有難いです。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-24 23:41 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(0)
再発熱!
きのう20日は木曜定休日。
楽しみにしていた音楽交流も連日キャンセルし(p_q、)シクシク、おとなしく静養しました。
一日小康状態というか熱も特に上がらず、だるいけど徐々によくなるかな?と思いながら過ごしました。

が、今日になって夕食からまたまた関節痛を感じ、夜中に向かい熱を計るたびに
37.7℃→38.8℃→38.9℃→39.2℃→39.3℃ ヒェー

もしかして、大人になってからの最高熱記録更新!?

一昨日通院してもらっておいた解熱剤を飲んで寝ました。

今朝はなんとか熱は下がってくれていて、37.1℃。
あ~、とりあえず大丈夫そう。ふらふら・・・

午後は本格的な金曜日レッスンでしたが、熱は36℃台になっていたので
がんばってやってみました。
レッスンでは気合が入るんですね!シャキッとできてしまいました。

でもさすがに終わった途端、しばらく動けなくなってしまいました。o( _ _ )o~† パタッ
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-21 22:41 | ♯日々の生活・外出 | Comments(2)
高熱
私自身、こんなに高熱は何十年ぶりかもしれません。
夜中に腹痛と関節痛が辛く、朝になって熱を計ったらまさかの39℃!!

新型インフルエンザが流行とTVからかまびすしく、もしかして?!と
早速通院しました。

いつもの持病薬に抗生剤も処方されていて、それも飲んで行ったので
受付の段階では38.1℃になっていました。

検査の結果、インフルエンザではないとの診断で、とりあえず一安心。フー

午後に1コマ声楽の振替レッスンが入っていて、どうしようか?と思いましたが、
その日は意外に落ち着き咳も出ず、念のためマスクをつけてやってみました。
何とか順調にできてよかったです。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-19 19:39 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
piu館合宿♪ 2日目
<14日>
夜が明け、母屋の母の朝食の用意をと起きました。(夫は郷里へ)

その間、S先生がサラダを作っていてくれました。
ありがとう。
一緒に準備しようと思っていたのに、ごめんね。m(_ _)m

優雅に、二人で朝食。

PIU館での鑑賞準備と操作を確認しました。

そして音楽タイム♪

そうこうしているうちに午前11時も回り、
楽しくも有意義な第1回の合宿はタイムオーバーとなりました。

=============================
「お泊り第1号はS先生」 と約束していたのが、果たせてよかったです。
そしてS先生だからこそ、その都度必要なものを出す煩わしさにも鷹揚に付き合ってくれ
大分PIU館が使いやすくなり、癒し空間創りが進みました。
ありがとう♡

また近いうちに、お泊り合宿をやりましょうネ!
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-14 18:38 | ♭歌声♪と交流 | Comments(0)
piu館合宿♪ 1日目
<13日>
いよいよランチから、合宿スタート☆

これから合宿だ~♪とウキウキ開放感でお喋りしてたら、
なんとお隣りのテーブルに結構多くの人たちと一緒にRちゃん(小6)が!w(*゜▽゜*)w
ランチ中に生徒と会ったのは初めてで、しかもお盆のお休み中になんて
ちょっとびっくり&新鮮。
美味しかったね♯ ピアノもがんばってね♪ Rちゃん (*^_^*)ノ

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~
ランチ後、S先生と二人で食料品を買い込みました。

午後は音楽演奏。お互いにアドヴァイスしあいました♪

夕食は簡単ですが、美味しくできました。

PIU館ではこれまで調理をしたことがなく、ちょっぴり煩わしいですが
IHクッキングヒーターやお鍋、まな板、菜ばしに至るまで、その都度初使用
初体験です。^^
翌朝のパン食に備え、新しいオーブントースターを箱から出して設置しました。

夜はオペラ鑑賞することに決めていました。
鑑賞棚のDVD並べも合宿活動のうちと、S先生も気持ちよく手伝ってくれました。

夕食後、布団を敷き、入浴してさっぱり汗を流し、おやつを準備し、鑑賞準備ばっちり!
グランドオペラ「アイーダ」をゴージャスに堪能しました♪

終わったのは夜中の2、3時!?
さすがに、その後は気持ちよくすぐに眠りにつき、合宿第1日目は終わりました。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-13 23:57 | ♭歌声♪と交流 | Comments(0)
piu館合宿♪ 準備
今年はこの夏休みは息子は試験が飛び飛びにダラダラと続き、
毎年参加してきたM高OB合唱団の練習にも参加できないので定演参加も見送り、
月末に宮城県の合唱コンクールもあるらしく、結局8月中ずっと帰って来れないとのこと。

=============================
そんな訳でお盆中の予定が空き、折りよくS先生と二人で都合が合い
PIU館で初めてお泊り合宿をすることにしました♪

私は前日12日午後から寝具の準備に掛かりました。
新しく購入と思っていましたが、家の押入れのものを確認したら
意外に使えるものがあり、PIU館に大移動。
カバーを付け替えたり、楽しみを前に大わらわ。

13日当日は午前中から太陽がよく照り、布団干しや、
洗って仕舞っておいたシーツ等を再び洗い直して干しました。

これまで必要に応じて、その場その場でPIU館のものを揃えてきています。
◎まず第一に、レッスンに必要なものを揃えました。(当然ネ!
◎次に、音楽交流に必要なものを♪(*^_^*)v
◎そしてやっと今回、宿泊に必要なものに着手。(笑)

私の生涯の癒し空間が、徐々に整いつつあります♪ヽ(^◇^*)/
[PR]
by sato_ongaku | 2009-08-12 23:26 | ♭歌声♪と交流 | Comments(2)