<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
病気の診断
母がなかなか平熱に戻らず、食欲も著しく落ち、少し動くとひどい息切れと喘鳴が起き、
この2日ほどベッドから離れることができなくなり、完全介護状態になってしまいました!

足腰こそ弱く外出は車椅子で行っていますが、家の中では歩いていたし、
障害者手帳を持っている訳でもなく介護保険を払っている立場で、
ついこの秋まで(風邪を引くまで)庭の草むしりもしていた母なのに、
急激に生活レベルが下がってしまったことに焦りを感じ、
土日明けを待って再々々度別の病院を受診しました。

これまで内科で、風邪症状回復せず→気管支炎で内服薬をもらっていたのですが、
さらに詳しい検査をしたところ、心電図ではなく血液検査の結果から
思いもかけなかった“心臓治療”での入院措置となりました。
まだそんなにひどい状態ではないということで、早めに判ってよかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても、発熱や、動くと呼吸が苦しくなってゼーゼー、ピーピー聞こえ、
喘息の症状とそっくりだったので、すっかり呼吸器系の病気と思い込んでいたのに
心臓の方だったとは驚きです。
母の場合はさらに息切れが「ヒー」までなっていて、トイレに動くだけで
まるでマラソン直後に倒れ込んだような状態になっていました。
呼吸困難というより、激しい動悸だったのですね…
病気の判断とは難しいものですね!

今回、母は体調崩してから、悪くなるごとに何箇所か受診しました。
が、どこでも①安静状態で胸の音を聴かれ②酸素量を測り③肺のレントゲンを取られ、
ことごとく「まぁ、大丈夫そうですね。」と診断されてきました。
        ¦
それなのに、家では
ついに ベッドから動けない状態になってしまいました!!
        ¦
今回も同じ流れで診断を下されそうになり、またも点滴もされずに帰るようだったら、
この先どうしようと気が気ではありませんでした。私は必死で、
母の“動いた時の尋常ではない症状”を訴えました。
でもこの先生には、私の言葉はうるさく呆れて受け取られてしまったようで、途中で制止
されてしまい、思いをあまり受け止めてもらえなかったのが残念で辛かったです。
        
今回の受診も、危うく空振りに終わりそうでした…!××××
でもこちらは後がない思いで、背水の陣で臨んでいました!(≧v≦;;ゞ
        ¦
検査結果が出るまで待機ベッドで待っていたら、
二人の医師が心臓病名を言いながら、「患者さんはどこに居ますか?」と
看護婦さんに聞きながら入って来ました。
同室に寝ている他の患者さんだろうと思っていたら、母の名前を言ったので
ビックリしました!

内科の先生から母を引き継いでくれた時には、新たな病気は嬉しくないけど、
やっと原因が判って、治療してもらえる! と、
本当に救われました。

====================================
※気管支炎では水分を取るようにと言われていましたが、心臓は水分制限があります。
 そのまま気管支炎の治療を続けていたら心臓に負担をかけ、知らぬ間に悪化させて
 しまう恐れがありました。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-30 22:04 | ♯母の看病の日々 | Comments(2)
M高歴代会長・校長の会
また1年が経ち、M高でお世話になった懐かしい方々とお会いすることができました。

今年は立派に副校長としてM高に戻られてきた、私と小中同級生だったN先生とも
懐かしくお話をすることが出来て嬉しかったです。
N先生は息子がM高に入学した年に異動されていき、卒業後数年してこのように
戻ってこられたので、残念ながら息子は教えてもらうことが来なかったのですが。

しばらくぶりに皆さんとゆっくり旧交を温めたかったのですが、
出掛けに母が発熱し、インフルエンザ流行の折り気掛かりでもあるので、
私は最初の代表の方々のご挨拶や乾杯の後、少し歓談して早々に失礼して
帰って来ました。
またの機会を楽しみにしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰ってから、母を時間外の救急外来へ連れて行きました。
受付で熱を計ったら少し下がっており、「このまま掛かりつけ医の出してくれている
気管支炎の薬で様子を見てください」と診察してくださいました。
もう1ヶ月ほどダラダラと長引いているので、そろそろよくなってもらいたいものです。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-27 22:52 | ♯PTA・母の会役員として | Comments(0)
カンタービレ♪
前回から1ヶ月と11日。
1ヶ月定期だけど、今回はこのプラス11日分が結構長く感じられ待ち遠しかったです。
時間になり、懐かしい(笑)メンバーがドアから顔を見せてくれた時は嬉しかった~♪

今日はMさん、Mちゃん、T(呼び捨ての仲)と私の4人の集まり。
この会も、皆で親しくファーストネームで呼び合うようになりました。

午前中は、それぞれ自由に練習タイム。
この会の活動の特色でもあり、貴重な時間です。

昼食後、全員が現時点で弾けてるだけのピアノ曲を演奏しあいました。
そしたら、嬉しい驚き!
今日の演奏は、8月に行った初回カンタービレコンサートの経験が
見事に一人ひとりに生きているのが判りました。
こんなにも判りやすいものかしら?!と、笑っちゃうほどです。
コンサート効果、テキメン!v(≧▽≦)b

昨年の取り組みは、皆が本当に間際に迫って慌てるパターンだったのに、
その反省を踏まえ(懲りたと言った方がよいかな?)、今日はまだ来年のコンサート
まで大分間があるのに、皆がみな今までにないハイペースで練習して来ていました。

私は内心(このペースでやってきているのは私だけかな?)と思っていたのに、
いい意味でみんなに裏切られました。
選曲だけとか片手で譜読みという人がいなかったのに、お互いにビックリ!!

この調子でいけば、暗譜にも早めに取り掛かれるかもしれません。
友人の『演奏は暗譜から始まる』と言った言葉を胸に、弾き込んでいきたいです。

私たちは脱皮!? しました。
忙しいのは多分一生のことだと思うし、それを理由にすると前に進みません。
これまでの私の人生の大半は努力というものから逃げてきましたが、
ここに来て
『努力して向上することの心地よさを、より実感していきたい』と思うようになりました。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-26 23:35 | ♭コンサート仲間♪との交流 | Comments(0)
両母親連れでのお楽しみ♪
S先生とお互いの母親を連れて、桂文珍の独演会に行きました。
独演会はほのぼのと心地よく笑え、楽しかったです♪

終了後に、食事して帰って来ました。
S先生のお母様にご馳走になってしまいました。
恐縮です。大変ご馳走様でした♡ m(_ _)m

この4人でのお食事会は2度目。
私たち二人の友情+仕事仲間としての関係を親に理解してもらえるよう
務めていきたいし、両方の親がより親しくなってくれれば嬉しいし、
これからもそんな交流を深めていきたいと思っています。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-25 23:35 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
嬉しいはがき♪
教え子から、嬉しいはがきが届きました。

1通は2ヶ月ほど前になりますが、K君からの結婚通知♡
K君はかつて草加市の中学で2年時(1年もだったかな?!)に担任しました。
努力家で、すごく誠実な青年です。

年賀状で海外赴任や帰国したことなど近況を知らせてくれていましたが、
今回の結婚のお知らせ!嬉しい限りです。

とてもシンプルで美しく都会的センスの光る写真と構図に、
お相手の彼女のセンスのよさや素晴らしさも重ね合わせました。

K君、本当におめでとう! 末永くお幸せに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もう1通は、1週間ほど前にAちゃん(中1)から。
合唱大会で伴奏がよく弾けたとの報告とお礼のはがきでした。

少し離れた中学に通うAちゃん。
今年中学進学で退会したのですが、「学校の合唱大会の伴奏曲を見てほしい」と
連絡をくれ、特別レッスンを受けに来てくれました。

合唱大会では、一度も間違えずに弾けたそうです。
さすがAちゃん、スゴイな~!
元々小学校時代は伴奏経験豊かな子。まだまだピアノセンスは健在ね♪
私も合唱大会当日の演奏を聴きたかったですよ。

お役に立ててよかったな♪と嬉しく思うと同時に、
私の方こそ忘れずにこのようなはがきをくれたAちゃんとお母様に感謝です。
本当にありがとうございます。

「また、機会があればよろしくお願いします。」の言葉に、
ついAちゃんのピアノ復帰を心待ちしてしまう私です。
できれば、お母様も。^^
(お母様も習われていて、お上手だったので。お忙しいでしょうが是非♪)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
※<続けてインフルエンザ関連>

Aちゃんの文面に続けて、お母様が「合唱大会は、インフルエンザが猛威を
ふるう中行われ、棄権するクラスもありました。」とお伝えくださいました。
うわ~、お気の毒! あちらの中学も流行っているのね!!
 
こちらの中学校は小学校ほど流行っていなかったのですが、今日のレッスンで
ついにY君(中3)もインフルエンザとの連絡で、妹のKちゃん(中1)共に欠席しました。
受験期の大事な時期、早くよくなりますように。

そして先週インフルエンザで欠席したAちゃん(小3)は、今日は元気にニコニコ
顔を見せてくれました♪
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-24 22:49 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
新型インフルエンザ予防接種
インフルエンザ関係の日記が続きます。

私は喘息の基礎疾患があり、今日は新型インフルエンザの予防接種の予約日でした。
レッスンを早めに切り上げ、後はS先生にお任せして行って来ました。

私は10年ほど前、成人になってから喘息を発症して入退院を繰り返しました。
3度目は重症の肺炎にもなり、その時は50日以上入院しました。
当初はなかなか原因が判らず、症状も改善せずに苦しみましたが
入院中に週1で呼吸器外来で治療に当たってくださったS先生(県内でも
呼吸器専門の名医だそうです)のお陰で症状をコントロールできるようになり、
以来、高崎市に開院された先生を追っかけして片道車30分掛けて通っています。

退院後、学校を退職して自宅音楽教室を開き今日に至っていますが、
お陰さまで現在はほとんど病気を忘れ、生き甲斐を感じて毎日を過ごしています☆

接種にあたり、先生に 「もしすでにインフルエンザに罹って免疫ができている場合も、
接種して大丈夫か」と質問したところ、
「予防接種は“無駄”になるけど、ワクチン接種は全く問題ない」とのことでした。
それで無事に接種を済ませました。まずは一安心です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レッスンでは、この2~3日急激にマスク姿の人が増えました。

今日のAちゃん(年長)の保育園は半分くらいがインフルエンザに罹ってしまい、
妹のYちゃん(年中)も罹ってしまったそうです。
もう状況と症状でウィルス検査もせずにタミフルを処方され、治癒したとのこと。

お母様とAちゃんのお2人は季節性のインフルエンザ予防接種を受けており
うつらずに済んだそうで、「結構、季節性の予防接種でも効き目があるのかも
しれない。」とお話されていました。

ちなみに、私は季節性のインフルエンザの予防接種も済ませています♪(゚∇^*)v☆
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-20 22:41 | ♯日々の生活・外出 | Comments(4)
インフルエンザ本格化
いよいよインフルエンザが蔓延してきました。
教室でもこのところインフルエンザ、もしくはそうかもしれないと
お休みする子が出てきました。

今朝、母の薬をもらいに近所の掛かりつけの医院に行ったところ、
駐車場でR君(小6)のお母さんが声を掛けてくれました。
車の中で、R君が椅子にもたれ掛かっているのが見えました。

お母さんの話では、今M小は大流行で、3年以外学級閉鎖が相次いでいるそう。
(でも一昨日のレッスンで3年のAちゃんがインフルエンザで欠席したので、
3年も決壊してるかも・・・?! ^^;)
R君は席の前後の子が罹っても最後までがんばっていたのだけど、
ついに罹ってしまったみたいで、今検査結果が出るまで車で待機中とのこと。

学校では37℃から発熱のチェックをし、インフルエンザが1~2人でも
学級閉鎖にして万全の措置を取ってくれているので有難いと言っていました。

検査についてですが…
3度目にプラスと出た子もいるそうです。

思い出すのは、3ヶ月前の私。
突然39℃以上の高熱がおもしろいようにぐんぐん出た時がありますが、
通院した時の検査ではマイナスでした。
マイナスだったので安心していたのだけど、
症状的にはどうみても普通の風邪ではないですよね。
もしかしたら、私はもうすでにインフルエンザに罹ってしまっているのかも?!
とも思うのです。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-19 23:51 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
歌声♪
私の手作り歌声冊子で共通に楽しんでいるグループ3つ、エレガンス、3M、イオン会。
「これからは合同で楽しみましょう♪」と8人で集いました。

案の定、全くお互いに違和感持つことなしにすぐに打ち解けあい、
またまたと~っても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
毎回思うけど、本当に初対面の人がいたなんて思えません!
皆さん、明るくたおやかで自然体。
前向きに仲良く垣根なく交流されて、本当に素敵な方ばかりだなぁ♡ と思います。

大いに喋って、歌って、お互いの差し入れにみんなニコニコ(笑)、心から贅沢な時間!
主婦としても第1級の方々ばかり。
最近は皆さんの手早さで、さぁ~っと片付けまで終わってしまい
純粋に集いだけを楽しめるなんて感謝、たまりません!(≧▽≦)/

もちろん、時間制約のある方は途中で帰られています。
「少しでも出席したい」と楽しみに参加してくれる友は有難く、大歓迎です♪
とにかく無理なく、それぞれの自然な形で長く参加していってもらえたら嬉しいし、
出会った素敵な人々を大切にしていきたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな中、一つだけ悲しい話題が…

なんと息子と小中同級生だったK君が、最近肺炎で急逝されました。
特に基礎疾患はなかったとのこと。
高熱が出て救急車で搬送されてからはあっという間に重篤になり、亡くなられたとのこと。
東京の大学生だったので、ご家族は間に合うことができなかったそうで
本当にお気の毒です。

はっきりしませんが、「やはり新型インフルエンザだったのかも」とも話されています。
まさかこんな身近に、このような信じたくない現実が起ころうとは。

ご家族の方のお気持ちを思うと、言葉も見つかりません。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-13 22:12 | ♭歌声♪と交流 | Comments(0)
あ、先生!
S先生と2人、研修後にコンビニに立ち寄った折り、
「あ、先生!」と、S先生に気づいたR君(小4)が声を掛けてくれました。

お母様もいらっしゃってご挨拶くださり、4人でほんの短い間立ち話をしました。

R君は自分からピアノを習いたいと始め、ず~っとこれまで頑張ってきています。
R君のお姉さんは習っていないのですが、男の子のR君の方が習っているなんて
珍しいですよね! とても素敵だなぁ♪と思います。

その気持ちが表れ、R君の演奏はこの2年ほどとても音楽的に高まってきていると
感じられます。

S先生と2人、こちらに気づいて声を掛けてくれたことに、とても嬉しい想いがしました。

あ、そう言えば、Rちゃん(小6)とも今年の夏頃ランチ場所で会って
声を掛けてくれたっけ!

それ以前にも、小さい頃のK兄妹(現小3、小2)とご両親と回転寿司でバッタリ会ったり、
Yちゃん(小3)とお母様とデパートで行き会ったり、
スーパーで行き会った子やお母様も何人もいて・・・
いろいろな処で、皆さんお声を掛けてくださった♪

レッスンから離れ街で会った時も、こんな風にささやかな繋がりを持てることは
ちょっと嬉しいことですね☆o(*^▽^*)o~♪

============================
こんな記事を書いたからでしょうか。
4日後、またまた教室の生徒ちゃんとの出会いが。

たまたま車で学区のM小正門前を通り掛かった時に、
下校中の子ども達の中に見たことのある顔が! H(小2)ちゃんでした♪
車の中の私は歯医者で麻酔をしてマスク姿でしたが、Hちゃんも気づいてくれ
お互いに手を振りました。

横断歩道を渡ってちょうどこちら側にきたHちゃんに、思わず車の窓を開け
「気をつけて帰ってね。」と声を掛けてしまいました。ε=(ノ≧∇≦)ノ
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-12 23:18 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
11月のレッスン♪
もう秋も終盤になってきました。
どんどん月日の経つのが早くなっています。^^;

でもまだあまり部屋の暖房はしてないんですよね。
天気予報で最高気温21℃(前橋)とかあり、例年より暖かい気がします。
またすぐ14℃くらいに下がるみたいですけど。(≧ε≦)/

レッスンは、クリスマス音楽会の曲の仕上げ途上です。

そして私の方は、どうクリスマス音楽会を企画し準備していくか
頭の中がグルグル…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発表会後、通常レッスンに戻っています。

レッスンではテクニック教材と基本教材の両方を並行して行い、
バランスよく力をつけていってほしいと思っています。
さらに今の時期は、音楽会発表用のレパートリー曲もプラスして♪

しかし練習量の少ない子は、1曲の譜読みだけで時間になってしまう子がいます。
前回のレッスン曲をすっかり忘れ、まったく同じレッスンを繰り返すことになって
しまう子も…

ぜひレッスンしたことを忘れないよう、毎日弾いてみてくださいね。
片手練習を“少しずつ”でもよいですよ♪(゚‐^*)v 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は、K兄妹(小4、小2)が短いテクニック曲を何曲も進みました。
「ドレミを根気よく読む」取り組みを通して、
読譜の手ごたえをちょっとずつ感じてくれたようでした。
自力での練習が徐々に増えていってほしいですね。

それで、改めて気づきました。
あ~、本当に基本の音もまだよく読めていないという子は多いなぁ!

家では人知れぬお母様方の苦労の上に、お子さんたちが弾いて来ている
面が否めないようです。
逆に言えば、音符が読めるようになるまでは
お母様方の助力が大きいとも言えるかもしれません。

読譜指導は当然こちらも毎回のレッスンで心掛けていますが、
改めて“読譜力向上”についての指導を強く意識し直しました。
[PR]
by sato_ongaku | 2009-11-11 21:05 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)