<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Xmas音楽会へ向けて♪/火曜日
すごい!(☆。☆)/ Yちゃん(小4)の練習回数が350回くらいになっています。

今回の演奏曲はとてもやりがいのある曲で、本人も相当がんばっています。
ここまでよく弾けるようになってきました。

当日までますます弾き込んで、みんなに聴いてほしいね♪(*^_^*)

素敵なレパートリー曲がどんどん増えそうね♪♪
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-30 22:48 | ♪子どもの音楽会 | Comments(0)
Xmas音楽会へ向けて♪/日曜日
今日振替で来たAちゃん(小3)。
レッスンに来るたび、いつも楽しそうです♪

Aちゃんは、発表曲はいつも早めに弾けるようになります。
指導も深められるので、こちらとしては有難い子です。

普段の教材が、同じように進めればいいのになぁ。
発表曲より短いし、弾きやすい気がするのだけど。

反対に教材が順調で、発表曲がもたついている子もいます。

ま、誰でもそんなにバランスよく行くわけないか・・・(≧▽≦;)
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-28 23:25 | ♪子どもの音楽会 | Comments(0)
Xmas音楽会へ向けて♪/土曜日
k君(小3)はおっとり型。
この2~3週間、お母様から家で練習しているお話をうかがい、このまま練習習慣が
ついてくれればいいな♪と願っています。

K君にとってはややチャレンジの曲でしたが、がんばって通して弾けるようになりました。
これからは弾くほどに弾きやすくなるし、どんどん上手くなると思いますよ♪

Xmas音楽会当日が楽しみね!
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-27 22:13 | ♪子どもの音楽会 | Comments(0)
Xmas音楽会へ向けて♪/金曜日
いよいよ当日まで1ヶ月を切りました。
みんなの発表曲は、まあまあ何とか演奏できるようになっているようです。

これからは、暗譜取り組み期間かな?
より自信を持って楽しく弾けるようにがんばっていってね♪
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-26 22:05 | ♪子どもの音楽会 | Comments(0)
また日本人が国際音楽コンクールに優勝♪
若手登竜門として知られるジュネーブ国際音楽コンクール。
1週間前になるけど、18日に広島出身の
萩原麻未(23歳)さんが優勝 して話題になりましたね。

審査が厳しいとの定評もあり、ピアノ部門は8年ぶりの優勝者だそうです。
しかも、審査員満場一致の1位。ス、スゴイ!!
伝説のピアニスト、ミケランジェリや、アルゲリッチが優勝しているコンクール。
萩原さんもそういった大ピアニストの仲間入りをしていくかもしれません。

萩原さんは5歳でピアノを始め、すでに13歳でイタリアのパルマドーロ国際コンクールで史上最年少優勝しているそうです。

「リアルのだめ」とも呼ばれ、天然な感じとか音楽の才能とか、まさしくそんな感じがします。
もちろん、実存し、ビッグタイトルまで手にされた萩原さんの重みは比べようもないと思いますが。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101120-OHT1T00055.htm

ご本人も「のだめ」のファンで、単行本を持って行かれたそうです。
お母様も「のだめちゃんとそっくり」とおっしゃっています。
演奏後に寝てしまった、というのもよく似てますね。

のだめの留学先として設定されている、パリ国立高等音楽院を今年6月に主席で卒業。
そしてコンクールファイナルで弾いたのが、のだめが千秋と競演したいと切望していたラヴェルの「ピアノ協奏曲ト長調」。

どんな曲かと興味津々でしたが、これを機に全曲通して聴くことができました♪

<ジュネーブ国際音楽コンクールのファイナルのライブウェブ>http://liveweb.arte.tv/fr/video/Finale_de_piano_du_concours_de_Geneve/ (萩原さん52分~)

うわ~、魅力のあるカッコイイ曲ですね!
萩原さんの演奏、本当に素晴らしいです♪♪♪
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-25 23:01 | ♭演奏会・観劇 | Comments(4)
イオン会♪
母が入院したばかりで、どうしようかと思った友人たちとの歌声♪
ずっと前から予定していたイオン会の日でした。

母の看病はこれからもずっと続くと思います。
だからこそ、無理し過ぎない程度に自分のライフワークも崩さないようにしていきたい・・・
一度中断させると、だんだん継続させていくのが危うくなっていくだろうし、
私のペースを守ることは母のためにもなると思い、
午後の数時間でもあり、母の昼食に付き添った後に、いつも通り行いました。

メンバーのTが、私が病院から遅れても、「早く来て準備をしてるよ」と言ってくれたのも
後押ししてくれました。

今日は新たに議員をやっている友人が、短い時間ですが忙しい中を縫って
初参加してくれました。

参加者の一人Yちゃんは、声が相当痛々しく枯れていました。
それでも楽しみに参加してくれて嬉しかった。ありがとう♡
それにしても本当に痛々しかった・・・今頃大丈夫かなぁ?!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
途中、嬉しいハプニングがありました。

窓の外を3人のご家族連れが訪れていらしたので、皆で不思議に思って見つめていると
ドアチャイムが鳴らされました。
年中の女の子とお母様のお2人が揃ってピアノを習いたいと申込みにいらしてくださった
のでした。

その場で教室の簡単な説明と、女の子に少しピアノを弾いてもらいました。
さっそく明日ご入会のお手続きと、お母様のレッスンをさせていただきます。
楽しみです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イオン会の皆さん、突然のことだったのに温かく見守っていただき、
また色々なお気遣いをありがとう。
持つべきものは、やはり“友”です♡
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-23 22:05 | ♭歌声♪と交流 | Comments(0)
母入院
母が退院後1ヶ月足らずで、また入院となりました。
この1年間で5度目です。

良くも悪くも入院準備の手際がよくなり、本人も家族も大分心得ができてきました。
体調を戻してもらうのが第一。
腹をくくり、時間はいくら掛かっても気にせず治療してもらい、また元気になって帰ろうね。 
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-22 22:41 | ♯母の看病~看取り | Comments(0)
レッスンから帰った日も♪
元々練習が苦手だった子ですが、
今年の発表会では一生懸命取り組み、今度こそ自力練習が出来るスタートが
切れるのではと期待していました。が・・・
残念ながら、今日もまた家での練習を全然やってこないとのことでした。

それでも少しは弾く事が出来るだろうと見守っていると、片手でさえ全く弾き出す事が
出来ませんでした。

最初の1拍が8分音符16分音符16分音符のリズム。
リズムが取れないために、始められないようでした。

とても素直なレッスン態度で、理解も決して遅い方ではなく、練習してこない割りには
弾ける方かもしれないくらいです。
でもせっかくレッスンしたものも、1週間経つとすっかり忘れ戻ってしまっています。

きっとレッスン後何日かして弾こうとする時は、もう忘れて弾けなくなってしまっていて、
そのままレッスンという繰り返しになっているのでしょうね。

こういう子には、レッスンから帰った日こそ練習するように言っています。
でもレッスンした日に帰ってまで練習する必要はないと思っているのか、
なかなか実行してくれませんが。

ぜひレッスンしたことを忘れないうちに、家で繰り返し練習してください。
レッスンしたものが残っているうちなら弾くのが億劫にならず、楽しく弾けますよ♪
自信もつくし、1週間後には自分でも驚くほど弾けるようになっていると思います。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-19 22:21 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(4)
母の茶飲み友だち
退院後25日目。
母がいつものお友だち2人と、離れの音楽館で、昼食をはさんで3時間ほど
お喋り会をしました。

私は接待の準備をしては母たち3人に好きに任せて、母屋で時を過ごしています。

今回は、母は簡易ベッドに横たわりながらお喋りしていました。
椅子に座っているより、楽にいられたようです。

お友だちはいいね。
いろいろなお話が聞けて、よかったね。
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-18 22:55 | ♯母の看病~看取り | Comments(0)
読譜の手応えと弾ける実感♪
Aちゃん(小4)の表情が、最近輝いてきました。

元々とても素直でニコニコ通ってくれているのですが、ピアノの練習量が少なく、
肝心のレッスンではイマイチ伸び悩んでいました。

原因として、読譜力不足のために、家での練習がなかなかスムーズにいかなかった
のではないかと考えられます。

ここにきて、少しずつ楽譜の見方と演奏が一致し出してきたようです。
読譜の手応えが感じられると、本人にとって弾ける実感が持てることも多いようで、
自信や喜びに繋がっていくと思います。

これからの1回1回のレッスンが、より楽しく変わっていきそうですね!
弾ける喜びを重ねていきましょう♪
[PR]
by sato_ongaku | 2010-11-16 23:41 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)