<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
抜釘手術入院/退院
昨年の骨折治療の仕上げで、骨がくっついたので短期で金具を抜く手術入院と
退院をしてきました。

前回と同じように下半身麻酔で、同じように手術傷に沿って2/3くらい切り
金具を抜く手術をしました。

手術にあたっては、またあの昨年の壮絶な痛みを体験しなければならないのか
内心非常に恐れていました。
『麻酔が覚めて激しい痛みがきたら、今度こそ即痛み止めの注射!』と覚悟を
決めていましたが、ついにお願いすることなく一夜過ぎました。
嬉しい誤算に少々拍子抜け、ホッとしました。

看護師さんによると、手術時間と患部のいじられ具合で全然違うとのこと。
今回は麻酔時間等の前後を除けば、実質15分間の手術だったそうです。

後は通院で、消毒と抜糸。
これで無事骨折の治療終焉・・・となるのでしょうか。ふぃ~

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
前回の入院時、同じ階に教室生徒姉妹のお兄さんが入院していました。

今回も偶然に3人の生徒ちゃんのお父さんMさんが、私と同じ右足骨折で入院
してらっしゃいました。

Mさんは先週水曜日に手術され、現在リハビリ中です。
なんと手術後は吐くほど大変だったそうで、翌日の記憶は空白とのこと!
お互いの術後の激痛で格闘した共通話題で盛り上がり、私の一足早い
金具を抜く手術の体験談をお話しました。

それにしてもMさんはまだ手術後のリハビリもきつい時期だと思うのに、怪我して
しまったのは仕方ないと長期入院も病室にお仕事の?PCを持ち込まれ、手術後の
激痛まで笑い話に変えて明るく前向きに闘病されている姿に感心させられました。

これからまだ入院が長く続きご本人もご家族も大変と思いますが、少しでも早く
回復されますようお祈りしています。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-31 14:18 | ♯日々の生活・外出 | Comments(2)
第10回大人の春のサロン音楽会
毎年恒例の大人のサロン音楽会が終了しました。

昼下がりの一時にお茶と軽食で寛ぎながら、大人の生徒さん達と
日頃のレッスンの成果を発表しあったり、交流を深め合いました。

プログラムは
♪ 教室歌全員合唱
♪ ピアノ連弾
♪ 二重唱
♪ 独唱
♪ ピアノ独奏
♪ フリータイム(思い思いに好きな曲選曲、演奏)
♪ 全員合唱

いつの間にかエクセレント会員(10年)の方が3名も!
この教室と共にレッスンを続けてこられ、それぞれの形で音楽を楽しんで
くださっているのに感謝致します。

初めて参加された方もとてもスムーズに場に馴染まれ、和やかな会となりました。
上手に演奏し着席された後も人知れず指が震えていらっしゃったようですが、
そこは皆さん通る道。(笑)
今までに味わったことのない体験で、それもオツだったのではないでしょうか?!

また来年もご一緒に、皆さんとこの大人の音楽会ができたら有難く幸いです♪
どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-25 22:36 | ♪大人の音楽会 | Comments(0)
調律
明日の大人の音楽会に向け、音楽館piuのグランドピアノの調律をお願いしました。

今は調律師さんもお忙しい時期のようで、今回はとりあえず音楽会に間に合うよう
グランドピアノのみ調律していただきました。
アップライトピアノは後日に行ってもらう予定です。

で、驚きました!

やたらねっとり重かったピアノタッチが軽くなり、音が変わっていました!
本当に同じピアノなの?!というくらい。

ピアノの様子をすぐに察して調整くださり、音もこちらの望むようなモノに変わって
いました。
嬉しい誤算。

へ~、調律ってここまでやれるのね!!
ありがとうございました。m(_ _)m
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-24 21:03 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
涙のお別れ
とうとうS姉妹の最後のレッスン日が来てしまいました。
今年はお引越による生徒さんとのお別れが続き、とても残念で悲しいです。

Aちゃん(小2)は小1でブルグミュラーに進みました。
ピアノのセンスとガンバリは元より、とても笑顔のやさしい素直な女の子でした。

Yちゃん(年長)はまだ小っちゃい時からお姉ちゃんのレッスンについて来てくれ、
おとなしい中に内に秘めた芯の強さが感じられ、これからどんどんピアノも伸びて
いくものと思われます。

お母様にもお世話になり、お母様の書かれた大譜表の音階の書き方を
当音楽教室の表に取り入れさせてもらっていたように記憶しています。
本当にありがとうございました。

Aちゃん、Yちゃんからいただいたお手紙が嬉しかったです。
可愛いパンダの箱に入ったクッキー、おいしかったです。ありがとうございました。

お2人の成長とピアノの上達を楽しみに、ご家族皆様の幸せを心よりお祈り
しています。

またここ群馬に来るようなことがありましたら、お顔を見せてくださいね♡
どうぞお体大切にお過ごしください。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-21 22:51 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
母の法要
母の一年祭でした。
今日は私たちの家でなく、兄の家で法要が執り行われました。

私たち一家は自然な成り行きで、23年間私の両親と祖母と同居して来ました。
しかし3人を兄一家と協力して看取った今、母が亡くなった一年を区切りに
夫姓を名乗っている私たちは兄一家に家と仏様の供養を引き継いで行って
もらうことになりました。

今日は穏やかな日に恵まれ、親戚の人たちと母の思い出やお互いの旧交を
温めることができました。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-20 18:05 | ♯日々の生活・外出 | Comments(0)
新レッスン表と時間割
4月からの新レッスン表は1ヶ月ほど前から配布できているのですが、
進級時に伴う時間割変更がまだ皆さんはっきりせず、あまり動けないまま
3月も残すところ2週間弱となり内心少々焦っていました。

この数日生徒さん達に日時変更ご相談の電話を掛けまくり、やっと大きな目処が
立ちました。
いつもながら生徒の皆さんにはご協力をいただき、本当に助かり有難いことでした。

4月末まではまだまだ流動的ですが、お陰さまでなんとか新年度からのスタートが
切れそうです。

毎年この時期に新時間割の洗礼を受けなければならないのが、この仕事の宿命ですね。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-18 23:40 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
あまりに早いお別れ
昨年10月にお友達の紹介で入会したばかりのMちゃん(年中)が、
お父さんのお仕事の都合で引越すことになり、今月で退会とのご連絡を頂きました。

レッスン半年。
あまりに早いお別れに、本当に残念で寂しい気持ちです。 が、仕方ないですね。

Mちゃんは年中さんとは思えないほどしっかりしていて、ひとりでレッスンに来ました。
送迎のお母さんは「レッスンを見たいのだけど、Mが来ないでと言うんですよ。」と。

入会3ヶ月のXmas音楽会の時も、物怖じすることなく堂々とピアノ発表し、
他のゲームなども大きな子たちと変わらぬペースで参加できていました♪

ピアノもどんどん進み、教材を何冊かクリアしました。
これからのMちゃんの成長とピアノの上達を、心から楽しみに応援していますね♡

お体に気をつけて、お元気でね。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-17 23:55 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
この教室と共に10年の生徒さん♪
大人の音楽会が、あと2週間弱。
今日は歌の方の伴奏合わせ兼、リハーサルを行いました。

大人の音楽会の取り組みと並行して9月の発表会の選曲も始まっており、
私事も重なって、毎日駆け足のように日々を過ごしています。

でも思いのほか例年よりも早く8割ほど発表会の独奏曲の選曲が進み、
気持ち的には少し落ち着いてよかったです。
小さい子の選曲も始まりました。

連弾は希望者のみ、独奏の仕上がりを見ながら決めていきたいと思います。

♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣ ー ♣  ー ♣ ー ♣
さて、今日嬉しかったことは☆
この教室の開講と共に弟のY君と一緒に通い始めてくれたTちゃんが、
新年度から中3になるというのに発表会に申し込んでくれました♪

あの小さかったTちゃんが・・・! 10年表彰もさせてもらいますね♫

偶然にも、今日リハーサルした2人の大人の生徒さんも10年です。

この教室もよく続きました・・・
まさかこんな日が来るなんて、皆さんとのレッスンの日々が走馬灯のように
思い起こされます。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-14 23:15 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
選曲開始
いよいよ今年の第10回発表会の選曲が始まりました。

選曲って難しいですね。
結果として素晴らしい出来であっても、本人にとって無理があれば
必ず後でしわ寄せが来ますし。
でも本人が選ぶ時は、「できるだけ難しそう」とか「長い曲」って希望が多く・・・^^;

これまでの経験をよくよく思い返してみると、あまり背伸びせず身の丈以内の曲を
弾いているくらいの子の方が、結局は自然に長くピアノを続けてくれているような
気がします。

と言うことで <今年の方針>
まずは、例年通り本人が弾きたいと思う曲が第一♪
たとえ少しくらい大変でも、好きな曲ならいつも以上にエネルギーが出て頑張れ
ちゃいますからね。

と言って本人の希望であっても、あまり無理した選曲は避けたいと思います。
                     ↑
               今年は、この想いに重きを置いています。

前述した「難しそう」とか「長い曲」とか上辺ばかりにとらわれて選曲すると、
ホント取り組みで痛い目に遭います。
努力できる子はよいけど、「苦しい、辛い」ばかりが続く子もいます。

取り組んでいる時、終わった時、終わってしばらく経った時、本人がピアノを弾く喜び
を持ち続けられる曲を生徒と一緒に探していきたいと思います。
[PR]
by sato_ongaku | 2012-03-02 22:12 | ♪発表会 | Comments(4)