タグ:ピアノレッスン ( 4 ) タグの人気記事
言葉数が少なくとも
Yちゃん(小2)は同じ年頃の子に比べ、言葉数が少な目です。
表情からだけでは、なかなか思っていることが読み取りにくいタイプですね。

初めはYちゃんがどう思っているのか推し量りながらレッスンしていましたが、
しっかりしている子だということが少しずつ分かってきました。

おとなしくとも、ちゃんとお話に耳を傾け、マイペースで課題に取り組み、
着実に力をつけています。

むしろ、低学年から落ち着いているなんて凄い!かも、デス。(笑)

今は発表会に向け、相変わらずYちゃんペースで頑張ってくれています。
Yちゃんみたいなタイプの子が今後どう成長していくのかも大いに楽しみに、
こちらもレッスンさせてもらいたいと思います♪

[PR]
by sato_ongaku | 2014-08-08 22:39 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
連弾取り組み滑り出し♪
全員の連弾曲が決まり、いよいよ本格的に練習を開始しました。

レッスン前後のNちゃんとYちゃんペアは違う学校で初顔合わせですが、
お互いに小2同士で嬉しそうでした。
2人共、着実に前向きにピアノのレッスンを頑張っています。

今月はソロ曲の暗譜を目標に、
併せてこれからは連弾も仲良く楽しく取り組んでいきましょうね♪
[PR]
by sato_ongaku | 2014-06-06 22:33 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
レッスン始めにグズグズしている子
レッスンに来てもグズグズして、なかなかピアノに移動しない子がいます。
こちらが早く始めようと促しても、なんやかやと話を引き延ばして10分くらい
時間を稼いでしまう“つわもの”ちゃんも。^^;

原因は第一に練習不足。
こちらは百も承知で、「気にしなくていいから、家で練習できなかった分を
これからレッスンでがんばろうね。」と声掛けして励ますのですが。

こちらは、こうすればできるようになるという見通しを持てているので、
サッサと始めて、たくさん成果を実感させてあげたいと思っています。
が、生徒にとっては自信がなく気の重いことなのでしょうね。

決してできないからと叱ったりしないので、そんなに尻込みしなくても大丈夫よ~!(笑)

で、実際にレッスンを始めると、(当然ですが)やった分はできるようになります。
でも結局最後は時間不足になり、もっと早く始めればよかったね!ということに
なるのです。^^;

逆に生徒も「こうすれば弾けるようになる」という“見通し”を持つことができ、
少しでも気が軽くなって取り組んでいけるよう、教室でも意識して指導して
いきたいと思います。

そのためにはソルフェージュ力が大きな鍵となりますね。
一つ一つ音符を読むという地道な努力ができることも大切です。
自力で取り組める力が育ってこそ、音楽力も喜びも高まっていくでしょう。
[PR]
by sato_ongaku | 2014-04-30 22:22 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)
両手で弾くのはイヤ
これまでも両手で合わせて弾くのが辛そうだな、とは見てとれていました。
ついに「両手で弾くのはイヤ」と口に出し、体を痒がったりして固まることが常態化
してきました。

これは長期戦になりそうです。

でも焦りは禁物!
片手でもよいから、まずピアノを弾く楽しさを味わってもらいたいと思います。

幸い上の兄弟たちのレッスンが好調になってきたので上手いこと感化され、徐々に
両手で奏でたい♪と思うようになってくれたらシメタもの!と思っているのですが。

数年単位で楽しくピアノを弾けるようになってくれればよいと、こちらも腹を括って
アプローチしていきたいと思います。
[PR]
by sato_ongaku | 2013-10-04 22:31 | ♪音楽教室/レッスン | Comments(0)